ご利用にはお申込みが必要です。今すぐ使用する(お試しプランあり)

お気に入りに追加

昭王~大秦帝国の夜明け~

制作年:2017年/全38話/本編時間:43分

始皇帝が成し遂げた“天下統一”、その礎を築いたのは一人の悩める王だった―。

  • 新作
  • 0ポイント あり

視聴ポイント

216ポイント/7日間

関連キーワード

  • 1話ずつ視聴
  • List
  • Grid

第1話   大王への道

秦王・エイ稷(えい・しょく)は、戴冠後も母の宣太后(せんたいこう)に朝廷を牛耳られ、放蕩生活を送っていた。そんなある日、楚が婚姻による同盟を申し出る。しかしその数日後、魏冉(ぎ・ぜん)大将軍の誕生祝いの席で楚の人質、ビ横(び・こう)太子が秦の大夫を殺害する事件が起こる。怒ったエイ稷(えい・しょく)はその場で楚との同盟を解消すると宣言してしまう。軽率なエイ稷(えい・しょく)を責める宣太后だが、魏冉はこの機に乗じ威嚇作戦を提案し、秦軍は楚に向けて出陣する。

0ポイント

第2話   王を凌駕する名宰相

楚からの講和を受け入れた秦。そんな折、甘茂(かん・ぼう)丞相が燕の特使、蘇秦(そ・しん)を伴って現れる。蘇秦の来訪目的が気になるエイ稷(えい・しょく)。そんなエイ稷(えい・しょく)に蘇秦は魏冉を遠ざけるなと進言する。一方、斉に去った甘茂丞相を呼び戻すため、エイ稷(えい・しょく)は2人の弟と韓聶(かん・じょう)を斉に送る。しかしこれには別の目的があった。同じ頃、蘇秦もまた、斉にやって来ていた。4人は名宰相と名高い薛公・田文(でん・ぶん)の屋敷に招かれ歓待を受ける。

216ポイント/7日間

第3話   楚王来駕

帰国した弟たちから、楚を断ち斉と結ぶべしという韓聶の書簡を受け取ったエイ稷(えい・しょく)。エイ稷(えい・しょく)はこれに乗り気だったが、宣太后の出方が気がかりだった。そこでエイ稷(えい・しょく)は楚王を秦に招待することに。しかし楚の左徒屈原(くつ・げん)は、これを秦の策略だと楚王に進言する。一方、エイ稷(えい・しょく)は白起(はく・き)を訪ね、戦の準備を促していた。そんな中、来駕した楚王はエイ稷(えい・しょく)の手荒な出迎えに怒りを露わにする。宣太后は楚王の機嫌を取るが…。

216ポイント/7日間

第4話   新王擁立へ

王が捕らえられたと知った楚の朝廷は混乱を極めていた。そんな中、楚の太傅、慎子(しんし)は新王を立てるべきだと言い出すが、屈原はこれに強く反対する。しかし朝廷はこの案を支持。王を崩御したことにし、慎子は斉にいるビ横(び・こう)太子を呼び戻しに向かう。だが蘇秦は突然の楚王の崩御を怪しみ、ビ横(び・こう)太子の帰国に際して言葉巧みに自ら領土を割譲させる。その頃、秦には楚の子蘭(しらん)王子がやってきていた。

216ポイント/7日間

第5話   王たちの思惑

楚王に即位したビ横(び・こう)のもとに領土割譲の国印を要求する斉の特使がやって来る。朝廷では受け入れか拒否か出兵かと議論が巻き起こるが、妙案を思いついた慎子は斉と秦に使者を送る。これにより子蘭王子から援軍を要請されたエイ稷(えい・しょく)は派兵を決断する。一方、斉ではわずかな領土を巡る争いを諌める田文に対し、王は怒りを露わにしていた。そんな田文をエイ稷(えい・しょく)は側近として迎え、丞相の座を与える。

216ポイント/7日間

第6話   裏切りと策略

田文に疑いの目を向け、斉を信じないようエイ稷(えい・しょく)を諭す宣太后。その頃、丞相府では田文と魏冉がにらみ合っていた。田文への敵意をむき出しにする魏冉。そんな中、エイ稷(えい・しょく)は田文に外戚排除に力を貸すよう促す。一方斉では、田文が秦の丞相に迎え入れられたことが王に伝えられていた。苦々しさを隠し切れない王に蘇秦は秘策があると告げる。その夜、田文は丞相府が焼き討ちに遭うと知る。

216ポイント/7日間

第7話   進攻の名分

斉に戻った田文が秦に進軍して勝利すれば、斉王は益々軽んじられると言う蘇秦。蘇秦は宋を攻略して秦を討ち取ることで、王の大計とみせるよう斉王に進言する。その頃秦では、お荷物となった楚の太上(だいじょう)王を秘密裏に逃亡させていた。しかし逃亡した太上王は楚にも受け入れられず、趙にも拒否され、魏にやって来る。魏の本営にいた田文は秦を討つ名分にするべく瀕死の太上王を秦に送り返す。

216ポイント/7日間

第8話   三強国へ

田文率いる斉、魏、韓の連合軍に攻撃された秦。エイ稷(えい・しょく)は自分の愚かさを恥じ、魏冉を丞相に任命する。魏冉は秦が優勢かのような余裕を見せ、魏王と韓王に撤退すれば領地を返還すると約束する。一方、燕から奇襲を受けた斉王は宋を攻撃中の蘇秦を急きょ呼び戻す。こうして斉を倒す蘇秦の計略はとん挫してしまう。勢いを得たエイ稷(えい・しょく)は魏、韓を攻め、戦国の世は斉、趙、秦の三つ巴の時代に入る。

216ポイント/7日間

第9話   大国を目指す

蜀によって暗殺の危機に遭遇したエイ稷(えい・しょく)は、自ら蜀に赴き民心平定のために治水事業を進める。その頃、白起は趙からやって来た趙蔓(ちょう・まん)という女に出会う。ろくでなしの義父を殺して逃亡中だという趙蔓を雇い入れる白起。一方燕では、蘇秦が密偵として再度斉に赴くと王に告げていた。燕妃、姫狐(き・こ)への想いから犠牲をも厭わない蘇秦を労わる燕王。こうして蘇秦は燕の王子を人質として伴い、斉に赴く。

216ポイント/7日間

第10話   計略の目的

蘇秦は趙の宰相、奉陽(ほうよう)君に財宝を贈り、宋に進攻する斉を見逃すよう願い出る。これに対し奉陽君は財宝ではなく領地を要求する。そんな中、蘇秦の動きを注視していたエイ稷(えい・しょく)のもとに蘇秦を総帥として斉、趙、韓、魏、燕の連合軍が秦征伐に向かっているとの報が入る。これを受けてエイ稷(えい・しょく)は蘇秦を呼び出すが、蘇秦は悪びれもせず、連合軍は斉を欺くための見せかけで、自分は秦の味方だと告げる。

216ポイント/7日間

第11話   真意を探る

蘇秦が奉陽君に捕らえられたと知り驚く韓徐為(かん・じょい)将軍。蘇秦から宋滅亡後の領土割譲に関する斉王と奉陽君の密約を聞いた韓将軍は、奉陽君に詰め寄る。しかし蘇秦は、韓将軍は秦と通じていると言い出し、奉陽君は蘇秦の話をすべてデタラメだと一蹴する。蘇秦の話が気になった韓将軍はエイ稷(えい・しょく)と密談し、斉討伐という蘇秦の大計を知る。私腹を肥やす奉陽君を捕らえさせた韓将軍は秦との戦闘を偽装する。

216ポイント/7日間

第12話   列国を率いて

一度は斉王の信頼を取り戻した蘇秦だったが、奉陽君の告発で再び疑惑を呼ぶ。しかし斉王はどちらを信じるか決めかね、2人とも投獄する。そんな中、秦と不干渉盟約を結んだ斉は宋に進攻し、列国の怒りを買っていた。こうして斉攻略の名分を得たエイ稷(えい・しょく)は列国を束ねるため、斉討伐後の領土割譲を放棄すると明言し、連合軍は斉討伐へと動く。一方、魏冉は田文にある取引を持ちかけていた。

216ポイント/7日間

第13話   丞相の計略

魏冉は白起に、いずれ自分のものとなる陶邑の地を取り囲む魏を攻めよと命じる。私利私欲のための出兵に難色を示す白起だが、すでに事は動き出していた。こうして魏の王都、大梁へと向かった白起だったが、そこには田文が待ち構えていた。白起の軍は魏軍に取り囲まれ、田文はその間に趙と燕に援軍を要請する。魏冉の勝手な行動を知ったエイ稷(えい・しょく)は、丞相の地位をはく奪し趙と燕に交渉を持ちかける。

216ポイント/7日間

第14話   天下の至宝

王室に寵愛されてきた役者、魏優旃(ぎ・ゆうせん)の死で、息子の醜夫(しゅうふ)は宣太后の側仕えになり、娘の伶優(れいゆう)はエイ稷(えい・しょく)の後宮に迎えられる。宣太后はエイ稷(えい・しょく)が伶優に美人の位を授けると聞き、怒りを露わにする。一方、趙から連れ帰った趙蔓の介抱で怪我から回復した白起は、趙蔓と婚礼を挙げることに。そんな中、エイ稷(えい・しょく)は宣太后の機嫌を取るため、和(か)氏の璧という天下の至宝を贈ろうと考え、それを持つ趙王に韓聶を遣わす。

216ポイント/7日間

第15話   楚討伐

エイ稷(えい・しょく)の提案した和(か)氏の璧と秦の15城との交換に疑念を抱く趙王は、特使に璧を送り返したフリをさせる。璧の一件で宣太后(せんたいこう)を怒らせたエイ稷(えい・しょく)は、和睦のため趙王を秦に招く。その一方、天下統一を急ぐエイ稷(えい・しょく)は楚討伐に乗り出す。統帥を命じられた白起(はく・き)は都を水攻めにすることを思いつく。白起は水攻め実施の前に楚の民に避難と投降を勧告するが、彼らはそれを信じず、多数の死者が出てしまう。

216ポイント/7日間

第16話   さらなる脅威

滅亡間近だった斉は王の遠戚、田単(でん・たん)の働きで70余りの城を奪還。田地(でん・ち)の子が王を称することに。一方、エイ稷(えい・しょく)は伶優(れいゆう)が一族の仇を討つために自分に近づいたと知る。だがエイ稷(えい・しょく)は伶優を処刑しようとする宣太后に最後まで抵抗し、冷宮送りで決着させる。そんな中、義渠県令の義渠駭(ぎきょ・がい)がやって来る。君の称号が欲しいという義渠駭を怪しむエイ稷(えい・しょく)。義渠の再興を目指す義渠駭は趙王に秦への進攻を促していた。

216ポイント/7日間

作品詳細

秦を強大な国家へと変貌させた、第28代君主・昭王のドラマチックな生涯!

列国での争いが繰り広げられる中、秦国では昭王・チャン・ボーが即位する。しかし、その実権は叔父の魏冉と母である宣太后が政権を握っており、王権を奪われたチャン・ボーは酒におぼれる日々を送っていた。政治的介入を許されない立場に不満を抱えたチャン・ボーは、宣太后(ニン・チン)らが勧める楚国との同盟の強化を拒んだだけでなく、楚国太子の蛮行に腹を立て、遂には楚と戦を起こしてしまう。結果、戦には圧勝したものの、チャン・ボーの心の支えであったエイシツを亡くし、己の王としての未熟さを悔いたチャン・ボーは、魏冉らに操られるのではなく、斉の孟嘗君を秦の丞相として迎え入れ、改革を図る。しかし、一度は秦についた孟嘗君に裏切られ、やがて秦は韓、魏、斉らに攻め入られてしまうことに…。そこで秦の窮地を救ったのは戦神と呼ばれる白起(シン・ジャードン)であった。白起は魏冉と共に各地の戦で力を振るい、秦に勝利をもたらすのだった。やがて時は、秦・趙・斉の乱世へと突入。チャン・ボーは秦を最大の国家へと導く真の王へと成長していくのだった。

キャスト

チャン・ボー / ニンチン / シン・ジャードン / チャオ・チュンヤン

スタッフ

[演出]ディン・ヘイ[脚本]チャン・ジェンウェイ

この作品を見た人におすすめ

琅や榜 <弐>~風雲来る長林軍~

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン-

皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて

チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~

オクニョ 運命の女(ひと)

琅や榜 ~麒麟の才子、風雲起こす~

武則天 -The Empress-

皇后的男人 ~紀元を超えた愛~

華政[ファジョン]

オレンジ・マーマレード

朝鮮ガンマン

トキメキ!弘文学院

続・宮廷女官 若曦(ジャクギ)~輪廻の恋

金蘭良縁(きんらんりょうえん)

イニョプの道

三銃士

奇皇后 ―ふたつの愛 涙の誓い―

フビライ・ハン

宮廷の秘密 ~王者清風

岳飛伝 -THE LAST HERO-

最近チェックした作品

昭王~大秦帝国の夜明け~



PAGE TOP