• TOP
  • >
  • 邦画
  • >
  • フジコ・ヘミングの時間

お気に入りに追加

フジコ・ヘミングの時間

制作年:2018年/本編時間: 115 分

世界を魅了する魂のピアニスト。美しい音色はいかにして生み出されるのか―。

視聴ポイント

HD(高画質)

540ポイント/48時間

SD(標準画質)

432ポイント/48時間

SD(標準画質)はこちら

HD(高画質)はこちら

作品詳細

フジコ・ヘミングの時間

難を乗り越え、60代で世界に見いだされた奇跡のピアニスト、フジコ・ヘミング。いくつになっても豊かな人生を奏でる―。

パリ、NY、ブエノスアイレス、ベルリン、LA、東京、京都…フジコと巡る旅。世界中にある美しい自宅、愛する猫たち犬たちとの暮らし、恋の話など彼女の“素顔”を解き明かす。60代後半でデビューし、80代になった今でも世界中で演奏活動を続けるフジコ・ヘミング。年間約60本のコンサートをこなし、チケットは即完売で新たなオファーも絶えない。その情感あふれるダイナミックな演奏は多くの人の心をとらえ、“魂のピアニスト”と呼ばれている。本作は、世界を巡るフジコを2年にわたって撮影した初のドキュメンタリー映画。お気に入りのアンティークと猫たちに囲まれて暮らすパリの自宅で迎えるクリスマスの情景、宮大工がリフォームした古民家で過ごす京都の休日、留学時代の思い出が宿るベルリン郊外への旅など、初公開のフジコのプライベートが観れる。世界中の人々を魅了してやまないフジコの音楽は、どんな人生・ライフスタイルから生まれてくるのか?

スタッフ

[監督]小松莊一良[企画]小松莊一良[エグゼクティブプロデューサー]新井重人[プロデューサー]小室直子[ラインプロデューサー]佐藤裕武/小松上花[企画プロデュース]千葉広二[構成]小松莊一良[撮影]小松莊一良[撮影監督]青木正[編集]小松莊一良[サウンドトラックプロデューサー]西尾勇哉[ナレーション]三浦透子[ミキシングエンジニア]坂元達也

この作品を見た人におすすめ

チワワちゃん

焦燥

The BONEZ TOUR「WOKE」ENCORE @ Zepp Tokyo

グラグラ

こえをきかせて

ああ栄冠は君に輝く

そらのレストラン

ふたつの昨日と僕の未来

ぼけますから、よろしくお願いします。

ウスケボーイズ

かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-

あいあい傘

文福茶釜

ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる

ギャングース

TANIZAKI TRIBUTE 悪魔

TANIZAKI TRIBUTE 富美子の足

クジラの島の忘れもの

人魚の眠る家

億男

最近チェックした作品

フジコ・ヘミングの時間



PAGE TOP