お気に入りに追加

下町ロケット

制作年:2011年/5話/本編時間:50分

池井戸潤の直木賞受賞作「下町ロケット」を映像化。

視聴ポイント

165ポイント/7日間

  • 1話ずつ視聴
  • List
  • Grid

第1話  

下町の町工場・つくだ製作所を経営する佃航平(三上博史)のもとに、一通の訴状が届く。自社の主力製品が、大企業・ナカシマ精機の特許を侵害しているというのだ。相手の法廷戦略により、製作所は存亡の危機に立たされる。一方、帝国重工では国産ロケット打ち上げ計画が進んでいたが、その責任者・財前道生(渡部篤郎)は衝撃的な事実を知る。自社開発した部品の技術が、既につくだ製作所の特許技術として登録されていたのだ。

165ポイント/7日間

第2話  

佃(三上博史)はナカシマ精機との第1回公判を終え、慣れない特許裁判の先行きに不安を感じる。裁判の影響からつくだ製作所は大口取引先との契約も徐々に停止され、社員達に動揺が広がる。そんな矢先、特許裁判を得意とする弁護士・神谷涼子(寺島しのぶ)が佃のもとを訪れ、ある提案をする。一方、帝国重工の財前(渡部篤郎)は、主要部品の特許取得がつくだ製作所に先を越されていたことの責任を上司の水原から追及される。

165ポイント/7日間

第3話  

佃(三上博史)は帝国重工・財前(渡部篤郎)からの特許買い取り提案を拒否する。会社の経営状況を心配する社員達は、その決断を下した佃に対して反発。部品供給という夢を主張する社長の佃と、現実的な考えを持つ社員達の間に溝が生まれる。一方、財前も特許が手に入らず、社内での立場が危うくなっていた。佃に弁護を名乗り出た神谷(寺島しのぶ)であったが、ナカシマ精機側の弁護士・大川から思わぬ妨害を受け困惑する。

165ポイント/7日間

第4話  

佃(三上博史)は元同僚の本木からロケット技術者に復帰しないかと誘われ、夢と現実の間で思い悩む。つくだ製作所の担当を外された財前(渡部篤郎)に代わり、部下の富山が部品供給のテストを実施。技術面、財務面ともに厳しい基準で審査する帝国重工に対して、つくだ製作所の社員達は自信を失う。一方、長引いていたナカシマ精機との特許裁判であったが、神谷(寺島しのぶ)がとった行動をきっかけにして、事態が急転する。

165ポイント/7日間

第5話  

一致団結したつくだ製作所は持ち前の技術力を発揮し、部品供給のテストで好成績を得る。しかし、納品において予想外のミスが発覚。佃(三上博史)は富山からテスト中止を通告される。再納品を懇願する佃に対して、富山は断固としてそれを拒否。望みを絶たれた佃の前に、財前(渡部篤郎)が現れる…。果たして、佃は自らの夢、そして仲間、家族の夢を乗せて、ロケットを宇宙へと打ち上げることができるのだろうか。

165ポイント/7日間

作品詳細

民放連賞、ATP賞ともに最優秀賞に輝いた連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」のスタッフが送る社会派ドラマ。「その特許がなければロケットは飛ばない…。」町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業と大企業の熱き戦いを描いた新時代の社会派ヒューマンドラマ。

かつて研究者としてロケット開発に携わりながら、今は実家の小さな町工場を経営する主人公・佃航平に三上博史、ロケットエンジンの特許技術をめぐって主人公と相対する大企業の宇宙航空部部長・財前道生に渡部篤郎、特許裁判のスペシャリストとして佃を支える弁護士・神谷涼子に寺島しのぶ、ほか、池内博之、綾野剛、原田夏希、眞島秀和、光石研、小市慢太郎、水野真紀、古谷一行ら実力派キャストを迎え、夢と現実の間で戦い葛藤する者たちを丹念に描き出す。熱き情熱を胸に宇宙への夢を紡ぐ人々の感動の物語は、高い志を抱き、決して諦めず、誠実に努力を重ねることの大切さを改めて教えてくれるに違いない。

スタッフ

[監督]鈴木浩介/水谷俊之[プロデューサー]青木泰憲/土橋覚[原作]池井戸潤[脚本]前川洋一[撮影]柳田裕男[音楽]羽岡佳[エンディングテーマ]エルヴィス・コステロ

この作品を見た人におすすめ

モリのいる場所

震える牛

スワロウテイル

止められるか、俺たちを

のみとり侍

オー・ルーシー!

ぼくのおじさん

シェル・コレクター

ヘルタースケルター

キャタピラー

ヴェニスの商人

愛の流刑地

男たちの大和/YAMATO

大停電の夜に

愛のむきだし

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

ハードロマンチッカー

重力ピエロ

ROOKIES -卒業-

愛のむきだし

最近チェックした作品

下町ロケット



PAGE TOP