家族で観たい!ファミリー作品

家族で観たい!ファミリー作品

コロナ禍でどこにも行けない夏ですが、
映画の中ならどこにでも行ける!

大冒険できちゃう素敵な映画を集めてみました。
家族みんなでドキドキ・わくわく体験してみませんか?

  • オンネリとアンネリのおうち

    オンネリとアンネリはとっても仲良し。ある日ふたりは、バラ通りで「正直者にあげます」と書かれた手紙とお金の入った封筒を拾い、そのお金で、バラの木夫人というおばあさんから夢のように素敵な水色のおうちを買うことに。オンネリは9人きょうだいのまん中で、アンネリは離婚したおとうさんとおかあさんの間を行ったり来たり。ふたりの両親は忙しすぎて、自分たちがいなくても気づかない。「わたしたち、ふたりの家に住んでいい?」気難しそうなお隣さんや、魔法が使える陽気なおばさん姉妹、ちょっぴり変わったご近所さんと交流しながら、ふたりだけの楽しい生活が始まる。しかし、お隣さんに泥棒が―!
  • ミクロキッズ

    サリンスキー博士(リック・モラニス)は偉大なる!?“電磁物体縮小マシン”を開発中。とは言っても毎度のガラクタにみーんなうんざりで期待者はゼロ。ところがある日、偶然が奇跡を呼んでマシンが作動し、子供たちを6ミリに縮めてしまった!ゴミと一緒に捨てられてしまった彼らは芝生のジャングルの中を大洪水のスプリンクラーや恐竜と化した昆虫を相手に大冒険。一方、大パニックのサリンスキーは自ら考案したウルトラ級の珍装備!?で必死に探すのだが、隣家も巻き込んでてんやわんやの大騒ぎ…。
  • ワンダー 君は太陽

    「僕は普通の10歳の子じゃない」―オギーは遺伝子の疾患で、人とは異なる顔で生まれてきた。27回の顔の手術のせいで自宅学習を続けてきたオギーだが、両親は息子を外の世界へ送り出そうと決意する。だが、5年生で入学した学校で、オギーはいじめや裏切りなど初めての困難と出会う。幾度もくじけそうになりながら、家族の愛を勇気に変えて立ち向かうオギーの姿に、周囲の人々が変わり始める。そして忘れられない1年を締めくくる修了式の日に、最大の出来事が待ち受けていた―。
  • ナイト ミュージアム

    何をやってもうまくいかないバツイチの失業男ラリー。別れた妻の再婚にとまどう彼にとって、離れて暮らす最愛の息子との接点を失うのは堪え難いことだった。息子を失望させないためにも職探しに奔走する彼は、自然史博物館で夜警の仕事に就く。恐竜の骨や動物のはく製、太古の彫刻、ジオラマや人形が並ぶ、そこは夜のとばりが降りると、もう一つの顔を覗かせる。そう、これらが生命を宿らせ、館内狭しと動き出すのだ! とどまるところを知らない混乱に、ラリーは唖然・呆然とするばかり。その上、この博物館ではある怪しい計画が密かに進行していた。ラリーはこの混乱を収め、博物館を守ることができるのか!?
  • アーサーとミニモイの不思議な国

    アーサーは冒険を夢見る10歳の少年。ある日、屋根裏で宝物の地図を発見する。4年前に失踪した冒険家のおじいさんが残したそのお宝は体長2mmのミニモイ族が住む《ミニモイの国》にあるという。明日までに借金を返済しないと家を追い出される家族を救うため、旅立ちを決意するアーサー。暗号の謎を解き、財宝へとたどりつけるのか。家族、そしておじいさんとの思い出を守るため、ミクロワールドへの大冒険がいま、始まろうとしていた。
  • ガリバー旅行記

    時は現代―都会の新聞社でしがない郵便係をするガリバーは、失敗を恐れるあまりすぐに諦めてしまうさえない男だった。ある日、ハッタリで手にした仕事で取材へ出掛けるが、船が遭難し、小人の国へ迷い込んでしまう。そこでは“大きな体”のガリバーは、人生で初めて頼りにされ、つい自分は大統領だと嘘をついてしまう。国中の人気者になったガリバーだが、あることがきっかけで信頼を失うことに。果たしてガリバーは体の大きさだけでなく、本当のヒーローになれるのか!?
  • 小さなバイキング・ビッケ

    ビッケは海賊の長ハルバルの息子。父ハルバルは元気な力持ちだが、どうも頭の回転が鈍く海賊長としては頼りない。そんな父とは正反対にビッケは小さくて力はないが、知恵は誰にも負けませんでした。ある日、ビッケの母イルバがハルバルたち海賊団の戦利品である「魔法の剣」の力で黄金に姿を変えられてしまいます。あわてたハルバルは案内役のレイフや船員たちと共に海賊船で、その剣の秘密を解く旅に出発!小さいからとおいてきぼりを食らったビッケはそっと樽に隠れ海賊船に乗り込みます。様々な困難に遭遇する旅を、ビッケの知恵と仲間の力で乗り越え、やがて辿り着いたのは謎の島。そこには天上界から人間界に追放された悪い神ロキが「魔法の剣」を目当てに待ち受けていました。果たしてビッケたちの運命とは―!?
  • BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

    ロンドンの児童養護施設で暮らす、10歳の女の子ソフィーは、ある夜中に、巨大な何者かに、ベッドから毛布ごと持ち上げられて、またたく間に遠い見知らぬところに連れ去られてしまう。着いたところは人間に知られていない<巨人の国>。彼女を連れてきたのは、心やさしい巨人BFG(=ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)だった。彼の仕事は、夜ごと世界中の囁きに耳をすませて、人間の子供たちに様々な“夢”を送り届けること。互いにひとりぼっちだった二人は、次第に心を通わせていく。しかし、他の凶暴な巨人たちは、自分たちの大好物“ニンゲンマメ(=人間)”をBFGがかくまっているのではと、ひそかに疑い始めていた…。
  • PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~

    ロンドンの孤児院に暮らす少年ピーター。まだ見ぬ母の行方を探して、ある日、ネバーランドへ向かうことに。ピーターを待つのは、妖精や人魚、海賊たちのカラフルで不思議な世界。心躍る仲間たちとの出会い。実は陽気なナイスガイだった若き日のフック船長、キュートなファッションに身を包む美しき女戦士タイガー・リリー。そしてネバーランドを牛耳る恐るべき海賊・黒ひげ。数々の困難や、決死の戦いを乗り越え進んでいくピーター。彼は母親と巡り会うことはできるのか?
  • リトルプリンス 星の王子さまと私

    吹替版): 鈴木梨央 女の子 瀬戸朝香 お母さん 津川雅彦 飛行士 ビビる大木 うぬぼれ男 伊勢谷友介 キツネ 滝川クリステル バラ 竹野内豊 ヘビ 池田優斗
  • チャーリーとチョコレート工場

    ウィリー・ウォンカのチョコレート工場では、どんな驚きがあなたを待っているのでしょう?チョコレートの部屋ではミント風味の砂糖で出来た草のフィールドを探検し、チョコレートの川を砂糖菓子のボートでセーリング。発明室では食べても減らないキャンディーを体験し、ナッツの部屋では賢いリスたちを観察、そしてガラスのエレベーターでテレビの部屋へ。それはすごく楽しくて、ちょっぴり不思議、そしてウォンカ特製のチョコレート・バーみたいに、とっても美味しい大冒険。ロアルド・ダールの古典的児童書を、監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップ&フレディ・ハイモアで映画化。この目も眩むばかりに素晴らしい映画こそが、あなたをめくるめく創造と想像の世界に導く“ゴールデン・チケット”。この甘美なる世界から、一瞬たりとも目が離せない!
  • グーニーズ

    スティーヴン・スピルバーグの想像力から生まれた、落ちこぼれ少年団『グーニーズ』。彼らが夢にも見たことない、とびっきりの大冒険がいよいよ始まる!角を曲がるたび、そこには新しい驚きが。家族向けアドベンチャー映画の傑作『グーニーズ』には、最初から最後まで息を呑むアクション、目のくらむ特撮、心臓が縮み上がるスリルがザクザク出てくる。これぞまさしく、映画の宝箱だ!
  • 魔女の宅急便

    魔女の血を引く少女キキは13歳になり、一人前の魔女になるための決まりに従い、黒猫のジジとほうきに乗って旅に出る。やがて辿り着いた海辺の町コリコでキキを待ち受けていたのは、パン屋の女将・おソノや、空をとぶことを夢見る少年・とんぼら、個性豊かな住人たち。キキはおソノのもとに居候し、お届け物屋「魔女の宅急便」を始めるのだが…。
  • パコと魔法の絵本

    舞台はちょっと変わった人たちが集まっている、とある病院。中でもわがまま放題のクソジジイ・大貫は病院中の嫌われ者。そんな大貫がある日パコという女の子と出会う。パコは同じ絵本を毎日楽しそうに読んでいる女の子。大貫はそんな天使のような女の子まで自分の勘違いでぶってしまう…。でも、翌日になるとパコはケロッとした顔でまた大貫に近づいて来る。実はパコは記憶が1日しかもたない女の子だった。それを知った大貫はさすがに反省し、パコに謝ろうとそのほっぺに触れたとき、驚くべきことが起こる…。
  • friends もののけ島のナキ

    霧に隠された海の先には、おそろしいもののけが住むと伝わる不気味な「もののけ島」があった。ある日、そこに迷い込んだ人間の赤ん坊・コタケはもののけたちに出会ってしまう。しかし、もののけたちの方こそコタケを見て大パニック!というのも、200年前の人間との戦以来、もののけたちも人間におびえながら島でひっそり暮らしていたのだった。人間の襲来を恐れた村の長老はコタケを人質とすることに決め、暴れん坊の赤おに・ナキと青おに・グンジョーに面倒をみるように命じた。しかし、そのナキは先の戦で大切な母親を殺されており、人間がことのほか嫌いなのだった。ナキはコタケを追い払おうと手を尽くすが、ナキを気に入ったコタケはその度に戻ってきてしまう。そんなコタケの無邪気な笑顔に触れ、一緒に暮らすうちに、いつしかナキの心の中には優しい気持ちが芽生えはじめるが…。