カーテンコール
330ポイント~

カーテンコール

その記憶は、泣きたくなるほど楽しかった。

2004年 111分

作品詳細

昭和四十年代の中頃まで映画館で活躍した“幕間芸人”の男とその家族、そして映画が最大の娯楽であった時代に生きた人々を温かく見つめる人間ドラマ。監督は「半落ち」「四日間の奇蹟」の佐々部清。

橋本香織(伊藤歩)は東京の出版社から福岡のタウン誌に異動を命じられる。ある日、投稿はがきに「昭和30~40年代に、下関の映画館にいた幕間芸人を探して欲しい」というものがあった。香織は心惹かれ、その映画館<みなと劇場>を取材する。上映の幕間に物真似をみせる“幕間(まくあい)芸人”安川修平(藤井隆)が劇場にいたが、解雇後は音信不通となった。取材を進めていくうちに、自分と父親との関係を見直すこととなっていく。

スタッフ

[監督]佐々部清[プロデューサー]臼井正明[制作会社]株式会社シネムーブ[脚本]佐々部清[音楽]藤原いくろ[撮影]坂江正明[美術]若松孝市[照明]守利賢一[録音]瀬川徹夫

(C) 「カーテンコール」製作委員会

関連作品

  • 風の電話
  • もみの家
  • 星屑の町
  • 劇場版 おいしい給食 Final Battle
  • MANRIKI
  • Fukushima 50
  • アパレルデザイナー
  • サヨナラまでの30分
  • ハルカの陶
  • ある船頭の話
  • ファンシー
  • アイネクライネナハトムジーク