自虐の詩
330ポイント~

自虐の詩

4コマ漫画の常識を覆した業田良家の同名ベストセラー漫画を、『ケイゾク』『トリック』シリーズなどで独自の世界観を持つ堤幸彦監督が実写映画化。

2007年 115分

作品詳細

無職で乱暴者でちゃぶ台返しが日課の夫と、そんな夫を何故か献身的に愛し続ける妻。最高にダメでドン底の物語なのに、「涙なしでは読めない」と熱狂的なファンを数多く生み出した業田良家の伝説の4コマ漫画が、阿部寛、中谷美紀の主演で映画化。次々と繰り出される無茶な笑いの果てに感涙必至のラストが。監督は『トリック』『ケイゾク』の堤幸彦。

子どものころから不運続きの幸江(中谷美紀)は、乱暴者で酒飲み、仕事もせずギャンブルに明け暮れるダメ亭主イサオ(阿部寛)に健気に尽くしていた。見かねた隣人に別離を勧められ、パート先の店主にしつこく言い寄られようとも、イサオと一緒にいることが何よりも幸せ。そんなある日、刑務所帰りの父親が幸江の前に現れる。

スタッフ

[監督]堤幸彦[製作総指揮]迫本淳一/北川淳一[製作]植田博樹/石田雄治/中沢晋/松本輝起/遠谷信幸/高橋一平/久松猛朗/島本雄二/渡邊純一/平林彰/長坂信人/山崎浩一/喜多埜裕明/大下勝朗[原作]業田良家[脚本]関えり香/里中静流[撮影]唐沢悟[美術]相馬直樹[音楽]澤野弘之[原作]業田良家

(C) 2007「自虐の詩」フィルムパートナーズ

関連作品

  • 繕い裁つ人
  • 阪急電車 片道15分の奇跡
  • 嫌われ松子の一生
  • ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer
  • リング2
  • のみとり侍
  • 祈りの幕が下りる時
  • 恋妻家宮本
  • 海よりもまだ深く
  • テルマエ・ロマエII
  • つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語
  • テルマエ・ロマエ