サウルの息子
440ポイント~

サウルの息子

2015年カンヌ国際映画祭のグランプリを受賞した、アウシュヴィッツ収容所が舞台の衝撃作!

2015年 107分

字幕

予告編

作品詳細

最期まで≪人間≫であり続けるために─

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊のことである。彼らがそこで生き延びるためには、人間としての感情を押し殺すしか術が無い。ある日、サウルはガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する。そんな中、ゾンダーコマンド達の間には収容所脱走計画が秘密裏に進んでいた。

スタッフ

[監督]ネメシュ・ラースロー[脚本]ネメシュ・ラースロー[共同脚本]クララ・ロワイエ[編集]マチュー・タポニエ[音楽]メリシュ・ラースロー

(C) 2015 Laokoon Filmgroup

関連作品

  • アーカイヴ
  • ダウンヒル
  • ザ・ウェイバック
  • 野性の呼び声
  • コスメティック・ウォー わたしたちがBOSSよ!
  • 異端の鳥
  • グッバイ、リチャード!
  • ペイン・アンド・グローリー
  • SKIN/スキン
  • ジャングルランド
  • パブリック 図書館の奇跡
  • カセットテープ・ダイアリーズ