太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-
330ポイント~

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

生きて、日本に帰ろう―

2011年 128分

予告編

作品詳細

太平洋戦争末期、圧倒的兵力を誇る米軍に立ち向かい、アメリカ兵から“フォックス”と呼ばれて恐れられた実在の日本人、大場栄大尉の実話を映画化した戦争ドラマ。原作は元米軍海兵隊員のドン・ジョーンズの『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』と、それをアレンジした英語版『OBA, THE LAST SAMURAI』。

1944年、太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンに、アメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、恐れられたひとりの日本人がいた。大場栄大尉。彼は、47人の仲間の兵士たちと共に、16カ月の間、敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた。彼の誇り高き魂が、味方の日本人だけでなく敵側のアメリカ人の心も大きく動かしていった―。これは絶望的な状況の中、最後まで諦めずに生き抜いた名もなき兵士とその仲間たちの実話に基づく真実の物語である。

スタッフ

[監督]平山秀幸[原作]ドン・ジョーンズ『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』[脚本]西岡琢也/グレゴリー・マルケット/チェリン・グラック[音楽]加古隆

関連キーワード

平山秀幸

(C)2011「太平洋の奇跡」製作委員会

関連作品

  • しゃべれども しゃべれども