海を駆ける
440ポイント~

海を駆ける

世界の映画人が注目する深田晃司×ディーン・フジオカ新境地

2018年 107分

予告編

作品詳細

アジア・ヨーロッパとの3か国共同制作による新たな日本映画の形がここに

インドネシア、バンダ・アチェの海岸で謎の男(ディーン・フジオカ)が倒れている。日本からアチェに移住し、NPO法人で災害復興の仕事をしながら息子タカシ(太賀)と暮らす貴子(鶴田真由)。タカシの同級生のクリス(アディパティ・ドルケン)、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマ(セカール・サリ)が、貴子の家で取材をしている最中、その正体不明の日本人らしき男が発見されたとの連絡が入る。まもなく日本からやって来る親戚のサチコ(阿部純子)の出迎えをタカシに任せ、貴子は男の身元確認に急ぐ。記憶喪失ではないかと診断された男は、結局しばらく貴子が預かることになり、海で発見されたことから、インドネシア語で「海」を意味するラウと名付けられる。ほかには確かな手掛かりもなく、貴子とイルマをはじめ、タカシやクリス、サチコも、ラウの身元捜しに奔走することになる。片言の日本語やインドネシア語は話せるようだが、いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。その周りでは少しずつ不可思議な現象が起こり始めていた…。

スタッフ

[監督]深田晃司[製作]新井重人[エグゼクティブプロデューサー]太田和宏/荒木宏幸/江口航治/宮崎伸夫/梅村昭夫/澤田正道[プロデューサー]小室直子/紀嘉久[脚本]深田晃司[撮影]芦澤明子[編集]深田晃司[音楽]小野川浩幸[照明]永田英則

関連キーワード

深田晃司

(C) 2018 "The Man from the Sea" FILM PARTNERS

関連作品

  • 結婚
  • I am ICHIHASHI~逮捕されるまで~
  • 母さんがどんなに僕を嫌いでも
  • ポンチョに夜明けの風はらませて
  • ソローキンの見た桜
  • 劇場版 おいしい給食 Final Battle
  • ある船頭の話
  • ファンシー
  • アイネクライネナハトムジーク
  • 王様になれ
  • カイジ ファイナルゲーム
  • あの日のオルガン