• TOP
  • >
  • 洋画
  • >
  • ハウス・ジャック・ビルト

お気に入りに追加

ハウス・ジャック・ビルト

制作年:2018年/本編時間: 152 分

  • R18

ゾッとするほど、魅力的 殺人鬼、ジャック。12年間の告白。

  • 新作

視聴ポイント

HD(高画質) /字幕

550ポイント/48時間

SD(標準画質) /字幕

440ポイント/48時間

SD(標準画質)はこちら

HD(高画質)はこちら

作品詳細

ハウス・ジャック・ビルト

魅了され、狂わされ、果てしなく堕ちる―

1970年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックはあるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭する…。彼の5つのエピソードを通じて明かされる、“ジャックの家”を建てるまでのシリアルキラー12年間の軌跡。≪ラース・フォン・トリアー監督最新作にして“破格の問題作”!カンヌ国際映画祭公式上映で途中退出者続出!!映画史に刻まれる、賛否両論の衝撃作≫カンヌ国際映画祭グランプリ、同・パルムドールを受賞という輝かしい受賞歴を誇る一方、『アンチクライスト』や『ニンフォマニアック』などあらゆるタブーに切り込み、常に物議を醸してきたラース・フォン・トリアー監督が放つ、“神をも恐れぬ”衝撃と戦慄の大長編!主人公である殺人鬼ジャック役に『クラッシュ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマット・ディロンを迎え、共演にユマ・サーマン、ライリー・キーオ、ジェレミー・デイビス、そして惜しくも先頃逝去したブルーノ・ガンツほか、豪華個性派俳優が脇を固める!劇中ではジャックが敬愛するピアニスト、グレン・グールドの演奏風景、デヴィッド・ボウイの「フェイム」といった映像フッテージやヒットナンバーをフィーチャー。監督の変幻自在の技巧とイマジネーションが冴える!全米公開時一部カットされた本編が、完全ノーカット版で収録。

スタッフ

[監督]ラース・フォン・トリアー[製作]ルイーズ・ヴェスト[製作総指揮]トマス・エスキルソン/トマス・ガメルトフト/ピーター・オールベック・イェンセン/レオニド・オガレフ/シャーロッテ・ピーダーセン[原案]イェンレ・ハルンド/ラース・フォン・トリアー[脚本]ラース・フォン・トリアー[撮影]マヌエル・アルベルト・クラロ/プロダクションデザイン/シモーネ・グラウ・ロニー[編集]ヤコプ・セカー・シュールシンガー/モリー・マリーヌ・ステンスゴード

この作品を見た人におすすめ

メリーに首ったけ

手紙は憶えている

Gガール 破壊的な彼女

Mr.&Ms. スティーラー

スノー・ロワイヤル

キラーズ・セッション

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男

誰もがそれを知っている

出国 造られた工作員

アメリカン・アニマルズ

THE GUILTY/ギルティ

ウトヤ島、7月22日

探偵なふたり:リターンズ

バーニング 劇場版

ボーダーライン:ソマリアウォー

レディ・インポッシブル・ミッション

コントロール 洗脳殺人

インモラル・ルーム

ある女流作家の罪と罰

パズル 戦慄のゲーム

最近チェックした作品

ハウス・ジャック・ビルト



PAGE TOP