ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡
440ポイント~

ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡

先にこの世を去った旧友に捧げるデヴィッド・ボウイのナレーション。史上最も謙虚で誠実な天才ギタリスト、ミック・ロンソンの生涯に迫るドキュメンタリー

2017年 104分

字幕

予告編

作品詳細

デヴィッド・ボウイの名を世界に知らしめたアルバム「世界を売った男」(71)「ハンキー・ドリー」(71)「ジギー・スターダスト」(72)、そして全英チャート1位を記録した「アラジン・セイン」(73)とその大ヒット先行シングル「ジーン・ジニー」などなど。これらを築き上げたのがボウイの盟友であり、当時のボウイのバック・バンド、スパイダーズ・フロム・マースのギタリスト、ミック・ロンソン。ボウイ提供の楽曲「すべての若き野郎ども」でキャリア最大のヒットを記録したバンド、モット・ザ・フープルにも一時在籍、他にもルー・リードやリッチ・キッズ、モリッシーらのアルバムをプロデュースするなど、縁の下の力持ちのようにロック界を支えたギタリストだ。だが、数々の華やかなヒット作にもかかわらずミック・ロンソンは常に一歩引いたところに存在し、表舞台に出ることは無かった。その豊かな才能に見合う賞賛を得ることなく1993年にこの世を去った男の軌跡とは…。監督であるジョン・ブリュワー (B.Bキング『The Life of Riley』、ナット・キング・コール『Afraid of the Dark』、ジミ・ヘンドリックス『Guitar Hero』、『The Most Dangerous Band In The World』)は、制作にあたりデヴィッド・ボウイ・アンド・ザ・スパイダーズ・フロム・マーズの数々の名曲に直接多大な寄与をしながら、これまで見過ごされることが多かったロック・ヒーロー、ミック・ロンソンに関するあらゆる素材に未曽有のアクセス権を得た。 本作では、 ルー・リード、モリッシー、イアン・ハンター、モット・ザ・フープル、ボブ・ディラン、ジョン・メレンキャンプなど数々のアーティストにギターとプロダクションを提供したミック・ロンソンが、そのダイナミックなサポート、寄与、そして共同作業を通してデヴィッド・ボウイの多彩なキャリアを発展させ、音楽の一時代を作り上げたことをつまびらかにしている。デヴィッド・ボウイのナレーションのほか、リック・ウェイクマン、ジョー・エリオット、ロジャー・テイラー、イアン・ハンター、アンジー・ボウイ など多くのアーティストたちのコメントを通し、音楽業界において一時代を築き、プロダクションとギター・プレイの技術を通して多大な尊敬を集めた偉人の人生を追う。

スタッフ

[監督・製作]ジョン・ブルーワー[プロデューサー]ローラ・ロイコ/シャンテル・バシアチック/ハーレイ・メドウェル

(C)2017 BESIDE BOWIE LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

関連作品

  • 馬三家からの手紙
  • フリードキン・アンカット
  • 草間彌生∞INFINITY
  • 氷上の王、ジョン・カリー
  • メリー・コルヴィンの瞳
  • カーマイン・ストリート・ギター
  • フリーソロ
  • ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド
  • マックイーン:モードの反逆児
  • ホイットニー~ オールウェイズ・ラヴ・ユー
  • ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス
  • イーグルス・オブ・デスメタル パリの友に捧ぐ