無料あり
トップスター・ユベク
トップスター・ユベク
0ポイント~

トップスター・ユベク

サイアク、ドキドキ、初恋!?

2018年 20話

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 疑惑のトップスター

    人気・実力ともに抜群の実績を誇るトップスター、ユベク。ある夜、彼は飲酒検査を振り切って授賞式に車で乗りつける。警察から事情聴取を受けるが、血液検査の結果、飲酒運転の嫌疑は晴れる。しかしファンを失望させた言動への謝罪を拒否し、世間の非難を浴びてしまう。

  • 第2話 島流し

    ユベクの高慢な言動が非難を浴びる中、事態を収拾したいソ社長は、ユベクを付き人ドンチュンの故郷の島へ行かせる。リゾート気分で出発したユベクだったが、着いた先は携帯も通じない小さな島だった。ユベクは都会では想像できない不便な島の生活に呆然とする。

  • 第3話 待ち人来たらず

    ナムジョが留守中のユベクの車を使い恋人とホテルに入ったところを記者に目撃され「ユベク熱愛」との誤報が流れる。記事を見て慌てたソ社長はユベクが帰ってこられないよう、島に向かった船の手配を取り消す。その頃島ではユベクが船の到着を待ち焦がれていた。

  • 第4話 守護神登場

    ガンスンが本当の兄のように慕っているマドルが島に帰ってくる。村長の一人息子で、若くして遠洋漁業の船長をしているマドルの帰還を島の人々は熱烈に喜ぶ。ガンスンとマドルも再会を喜び子供のようにじゃれ合うが、ユベクはそんな2人を見て、なぜか面白くない。

  • 第5話 陸のスターVS海のスター

    島ではマドルの帰還を祝う歓迎会が催される。皆がマドルの武勇伝に聞きほれる中、ひとり斜に構えるユベク。マドルもまた、ユベクに警戒心を隠さない。一方ソ社長たちは、ユベクの車にあったというケーキから、授賞式のユベクの行動の謎を解明しようとする。

  • 第6話 フレームイン

    ガンスンの存在が気になり始めたユベクは、予定を変更し島に残ることにする。マドルは急な乗船のキャンセルで迷惑をかけたことをとがめ、なぜ心変わりしたのかと問い詰める。一方、ユベクから「男を分かっていない」と言われたガンスンは、女医のソラに相談に行く。

  • 第7話 海に帰った2人

    ガンスンの両親の法事の日、突然村長のハンボンの姿が見えなくなる。20年以上前、海で亡くなり遺体が見つからないままのガンスンの両親。そのことに対する罪の意識から、ハンボンが自ら死を選ぼうとしているのかもしれないと島の人々は必死になって捜す。

  • 第8話 それぞれの恋模様

    マドルは見合い相手の女性を品定めしてもらう口実で、テジュク島へガンスンを連れ出そうとする。ユベクはなんとか引き止めようとするが、マドルの思惑どおり2人は出かけて行く。一方、島の人々はソラとドンマンの担任カン先生の仲を取り持とうと画策する。

  • 第9話 告白

    テジュク島へガンスンと共に来たマドルは、ガンスンに告白をしようとするが思い切れない。その日、海が荒れて帰れなくなった2人はモーテルに泊まることになる。一方2人の後をつけてきたユベクは、ナムジョに電話で指示を出し、ガンスンに迎えの車を差し向ける。

  • 第10話 不思議な世界

    サプライズの告白が不発に終わったユベクは、ガンスンをソウルの自宅に招き出演作品を見せるなど、自身の魅力をアピールする。ガンスンは島とは別世界のユベクの部屋に驚き興奮する。その頃ナムジョはドンチュンとソ社長に、ユベクがガンスンと恋愛中だと伝える。

  • 第11話 守りたい人

    ユベクが夜景の見えるレストランでガンスンの気持ちを確かめようとした時、ガンスンのおばあさんが倒れたとの知らせが入る。ユベクはガンスンを病院に送り届けたいが、既にそこにはマスコミが押しかけていた。ユベクはドンチュンにガンスンを託して取材に応じ謝罪する。

  • 第12話 再会

    荷物を取りに来たという口実で再び島での生活を始めるユベク。マドルは、なぜ戻って来たのかとユベクに詰問し、お互いに対抗意識を募らせる。ガンスンはユベクから告白を取り消すと言われ、もう意識しないはずが、ユベクの一挙一動に目が離せなくなっていた。

  • 第13話 勘違い

    思い描いていたプロポーズとはかけ離れたものとなり、マドルは落ち込んでしまう。ガンスンも突然の告白に戸惑う。その頃島の人々の間では、マドルがガンスンの見合いを邪魔したことから、2人が恋仲で結婚を約束しているとの噂が広まり、祝宴の準備が始まる。

  • 第14話 リーク

    ハン記者の記事によって、ユベクは高収入を得ているのに、母親には経済的に不遇な生活を送らせていると報じられ、親不孝者だと批判が高まる。一方、島では皆がワカメ岩に集まり掃除をするが、ガンスンとマドルはデートで免除されていたと知りユベクは怒る。

  • 第15話 本当の姿

    ヨジュク島ではグクソプとヒャンギの結婚式が計画され、ソウルからドンチュンとナムジョも参列するため島にやって来る。ナムジョはガンスンと再会し、ユベクの身の上について語り始める。それを聞きつけたマドルは、ガンスンに余計なことを吹き込まないよう釘を刺す。

  • 第16話 結婚式

    行方が分からなくなっていたユベクだが、マドルが電話で話したとナムジョに伝える。ユベクは偶然にもグクソプとヒャンギの結婚式が行われるホテルに宿泊していた。そして、マドルとガンスンが記念写真を撮っているところを目撃し、2人が結婚するのだと思い込む。

  • 第17話 最初からゆっくり

    マドルの両親は、マドルがガンスンに失恋したことを心配し家族の愛情で支えていこうと話し合う。一方、ガンスンはユベクの部屋で「2人の関係を最初からゆっくりやり直そう」と言い出しユベクを愕然とさせるが、ユベクは「嫌がることは絶対しない」と受け入れる。

  • 第18話 公認の仲

    クンばあちゃんの聞き間違いからユベクが「不能者」と思われた誤解も解け、島の人々はほっと胸をなで下ろす。ガンスンのおばあさんもユベクとの交際を応援することとなった。そんな中ガンスンは、結婚の準備のためにとハンボンから渡された通帳を返しに行く。

  • 第19話 スーパー青年、ユベク

    ガンスンとユベクは人目もはばからず恋人同士として仲良く島で過ごし、ユベクはスーパーの配達も進んでする「スーパー青年」になっていた。ユベクの育成に人生を賭けてきたソ社長は、そんなユベクを見て、このまま芸能生活を終わらせるのかと一人思いにふける。

  • 第20話 (最終話) 輝きを抱きしめて

    カメオ出演のためソウルに来ているユベクがロケ地に向かう途中、ガンスンから電話が入る。電話越しに聞こえる声が女性の甘い声だったため、ガンスンは疑心暗鬼になる。そしてガンスンが撮影現場に到着すると、ユベクは女性と熱い抱擁を。それを見たガンスンは…。

作品詳細

「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-」キム・ジソク×「恋のスケッチ~応答せよ1988~」名演出家が贈る都会派トップスターと野生派ピュア女子の胸キュン同居ラブ

アイドルグループ“シリウス”のメンバーとしてデビューし、俳優としても成功を収め華々しく活躍するユベク。誰もが認めるトップスターだが、率直すぎる性格からマスコミとのトラブルが絶えず、事務所の社長は手を焼いていた。そんなある日、飲酒検問を無視して授賞式場に現れたユベクは、反省の色を見せるどころか暴言を吐き、世間から大バッシングを受ける。対応に困った社長は、ほとぼりが冷めるまでユベクを人里離れた島に行かせることに。島に着いたユベクは、まるで文明から取り残されたように原始的な暮らしをする島民たちに驚く。そして島のおばあさんの家に居候することとなり孫娘のオ・ガンスンに出会うが、初対面から価値観の違いでぶつかり合う2人。風呂もない、ラーメンもない生活にユベクはすぐにでも帰ろうとするが、次の船が来るのは2週間後。しかたなく始めた島での生活だったが、純粋で温かい心を持ったガンスンに次第に惹かれていき…。そんな中、ガンスンと兄妹のように育ち、島を離れていたチェ・マドルが3年ぶりに戻ってくる。ユベクとマドルは出会った瞬間からお互いをライバルとして意識し、ガンスンを巡り恋の火花を散らす。

キャスト

キム・ジソク チョン・ソミン イ・サンヨプ ホ・ジョンミン

スタッフ

[演出]ユ・ハクチャン[脚本]イ・ソジョン/イ・シウン
(C) CJ ENM Corporation, all rights reserved