おいしい家族
440ポイント~

おいしい家族

「実家に帰ると、父が母になっていました。」

2019年 95分

予告編

作品詳細

自分を見失ったヒロインが母の三回忌に帰った故郷の島―そこは人を互いに肯定し合う“ユートピア”

銀座の化粧品売り場で働く橙花(松本穂香)は、夫と別居中。仕事にも身が入らず、東京での生活にも疲れ気味。ちょうど母の三回忌を迎え、地元の離島へと帰った橙花は、実家に足を踏み入れて衝撃的な光景を目にする。父(板尾創路)が亡き妻の服を着て立っていたのだ。「父さん、母さんになろうと思う」思いもかけない父の変身に戸惑いが隠せない橙花をさらに驚かせたのは、食卓に見知らぬ中年男・和生(浜野謙太)と女子高生・ダリア(モトーラ世理奈)が加わっていることだった。「父さん、この人と家族になろうと思う」その相手とは…和生。この島に娘のダリアと共にやって来た和生は、教会の二階を間借りしながら何でも屋を始めたが、食べるのに困っていたところを父が我が家へ呼び寄せたという。何が何やら分からない橙花をいっそう驚かせたのは、弟の翠(笠松将)も島の人々も、父の服装や和生・ダリアとの関係を誰も奇異に思っていないことだった。橙花は、平然と母のお気に入りだったワンピースを着て職場の高校へと向かう父が恥ずかしくてたまらない。唯一、ダリアの友人・瀧(三河悠冴)だけは、「こんな格好して頭おかしいよ」と言い放つ。橙花はその言葉に安心するが、瀧もある悩みを抱えていた…。 それぞれ自由に生きている和生、ダリア。島の人々と関わっていくうち橙花の父を見る目が変わっていく―。

スタッフ

[監督・脚本]ふくだももこ[音楽]本多俊之[主題歌]yonige

(C)2019「おいしい家族」製作委員会

関連作品

  • 天気の子
  • マチネの終わりに
  • 言の葉の庭
  • 星を追う子ども
  • 秒速5センチメートル
  • 雲のむこう、約束の場所
  • ほしのこえ
  • 108~海馬五郎の復讐と冒険~
  • 影踏み
  • こどもしょくどう
  • AI崩壊
  • 愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景vol.1