新作
フーテン&ザ レディ ~秘宝をめぐる冒険~
フーテン&ザ レディ ~秘宝をめぐる冒険~
220ポイント~

フーテン&ザ レディ ~秘宝をめぐる冒険~

“フーテン”と“レディ”が、隠された秘宝を探し求め、世界中を駆け巡る、イギリスのアドベンチャードラマ!

2016年 8話

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    大英博物館の熱心な研究員、貴族出身のアレクサンドラ(アレックス)・リンド・パーカーは、歴史的遺物を探しにアマゾンへ飛び出した。100年近く前に失踪したイギリスの探検家、フォーセットの最期の滞在先、エル・ドラード(黄金郷)を求めて。アメリカ人のトレジャーハンター、フーテンもまたアマゾンにいた。ひょんなことから現地の少数民族に捕らえられた2人。出会いは最悪、ケンカばかりだが、力を合わせてジャングルを駆け巡る。しかし思わぬ敵が現れた。

  • 第2話

    イタリアの修道院で、フーテンは修道女マリアから古代ローマの神秘的な予言書・シビュラの書を探して売って欲しいと頼まれる。一方、アレックスは大英博物館の仕事でローマに来ているが、アレックスの母親も娘のウェディングドレスを探すため一緒だ。偶然再会した2人はシビュラの書探しに奮闘するも、イタリアマフィアが一枚かんでいて…。

  • 第3話

    エジプトのアレクサンドリア。アレキサンドロス大王の墓を発掘したいとプレゼンするアレックス。フーテンは大英博物館に“協力”しようと爆竹をしかけ、墓泥棒の嫌疑をかけられる。ライバルである、ギリシャのヤナラス博士が先に発掘している神殿で墓の鍵を得るが、フーテンが惹かれる謎の女、ギリシャの秘密結社などがアレキサンドロス大王の棺を狙い、絶体絶命に陥る。

  • 第4話

    アレックスはブータン王国にあると言われる、ブッダが書いた唯一の巻物を探すため、フーテンに助けを求める。フーテンは借金返済のため誘いに乗るが、地図を所有するカピラに、必ず巻物を手に入れるよう毒を飲まされてしまう。地図を頼りにヒマラヤ山脈へ探しに出かけるが、フーテンはどんどん具合が悪くなり、生死をさまよいながらアレックスに哀しい過去を告げる。巻物を手入れ、そしてフーテンを救うことができるのか?

  • 第5話

    婚約者のエドワードと結婚式を挙げる教会を下見していたアレックス。突然、大英博物館の同僚・エラからSOSが届く。エチオピアで殺し屋ダウィットに囚われているのだ。身代金として、博物館のコレクションからサバ(シバ)国のスプーンを持ってくるよう脅される。フーテンを連れてエラのいる砂漠までたどりつくが、サバ(シバ)の女王が隠したといわれる砂漠の宝を見つけなければ命が危ない。

  • 第6話

    フーテンはモスクワで泥棒の師匠・ヘラクレスと会う。ヘラクレスは51個目のインペリアル・イースター・エッグ、ファベルジェの卵が実在すると言うのだ。結婚式の準備中に連絡を受けたアレックスは、51個目はニセモノだと言い張るが、それにフーテンは反対する。ヘラクレスからのヒントを元に探し回る2人に、アレックスの同級生が立ちふさがる。さらに黒幕の影が。どうもフーテンの過去に関係があるようで…?

  • 第7話

    ロシアで喧嘩別れしたフーテンとアレックス。フーテンは数週間後、カンボジアで若い修行僧・ジアンと、不死をもたらす宝石・シャンバラの宝珠を探していた。一緒にいるのは危険、とアレックスを拒むフーテン。過去への復讐に静かに燃え、以前のような彼ではなくなっていた。黒幕でありかつての仲間・ケインが現れ、フーテンの過去が明らかになる。

  • 第8話 (最終話)

    海賊船船長ヘンリー・モーガンが島に埋めた財宝を手に入れようと、カリブ海の島にやってきたフーテン。そこにはなぜか結婚式直前のアレックスが。地図を半分ずつ持つことになった2人はまたもや喧嘩になり、どっちが先に財宝を見つけられるか競争することに。アレックスの婚約者エドワードが迎えに来るが、彼女は冒険を捨てて彼の胸に飛び込めるのか…?

作品詳細

無骨でひねくれ者だがどこか憎めないアメリカ人トレジャーハンター・フーテンと、貴族でありながら、大英博物館の学芸員として情熱をもって働く、レディ・アレクサンドラ(アレックス)。身分も考え方もやり方も、全て正反対な二人がアマゾンの奥地で偶然出会う。アレックスは歴史的遺産を発見し、文化貢献するために。そしてフーテンはお金のために…?目的は違えど、二人は共に世界中に眠る秘宝を探すことに。決して相容れない二人だが、なぜだか不思議と息が合う―。そんな二人が辿り着く冒険の先とは?そしてフーテンとは一体何者なのか!?

スタッフ

[監督]コリン・ティーグ[脚本]トニー・ジョーダン
(C)Sky UK Limited 2016