新作
ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々
ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々
220ポイント~

ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々

ここは古代ギリシャ。そこでは神々と人々が共存していたような、そうでないような感じだった…

毎週木曜日2:15より最新話見逃し配信中!

2020年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 エロくないし、空飛びたいし

    ここは古代ギリシャ。どこからか聞こえてくる「ブラ…」という言葉に愛の神エロスの地獄耳がビクンと反応する。その頃、夏休みが終わろうとしているのに、宿題が終わらないイカロスは、父ダイダロスに相談するも口論となり、予言の神アポロンの占いの館へと向かっていた。水晶玉が映す未来に神々と人々の日常が交差していく。

  • 第2話 冥界のハデスと、アキレウス

    エロスがアポロンの館から持ち出した水晶玉はどこかに転がっていってしまった。一方、仄暗い死者の世界では、冥界の王ハデスが、ある想い(熱く燃え滾る情念)を手紙に書き記し、条件付きでその配達を神々の使者ヘルメスに託す。その頃、町内最強の勇者ヘラクレスとの戦いの末、アキレウスはある弱点を克服するためステュクス河へと向かっていた…

  • 第3話 ギリシャ式経営の極意

    アテナイ商店街を活気づかせるため、商店街会長アイゲウスと息子テセウス、そして戦いの女神でミスアテナイ商店街のアテナはアイディアを出し合うもゴミのようなアイデアだらけ。その頃、ある悩みを抱えた海神ポセイドンが、経営学にも精通してるという賢者ケイロンの元を訪れていた。果たしてそれぞれが持つ悩み事は解決に向かうのだろうか…

  • 第4話 冥界での落とし物

    エロスに水晶玉を奪われたアポロンは、占いの館を訪れたナルキッソスなどの客に対し、慣れない手相占いなどでその場をしのいでいた。一方、死者の国、冥界では、その王ハデスは、地上からのゴミを仕分けできないままでいたが、ヘルメスの発案で「ゴミ」の仕分けに成功よって仕分け途中、手伝いにきたテセウスがその仕分けボックスの中から偶然見つけたのは、神々と人々の将来が見える不思議な石だったが…

  • 第5話 最強は誰だ?

    最近、ギリシャの町では勇者だとか英雄だとかが横行していた。自称最強を自負する軍神アレスは「町の最強はヘラクレス」との噂を耳にする。ヘラクレスを倒せば最強になれると目論むアレスは彼に決闘を挑む。一方、水晶玉がアイゲウスの手に渡ったことを聞きつけたエロスは猛スピードで喫茶アクロポリスを目指す。しかし、喫茶店は何やら不穏な空気に包まれていた…

  • 第6話 イカロスの罪悪感?

    遂にエロスが発見した水晶玉だったが、突如弓矢で頭を撃ち抜かれたアキレウスの手から落下し、エロスの目の前でこっぱみじんに砕け散った。矢を放った張本人は実はイカロス。自分の矢が誤って誰かの頭を貫通させた事でパニック状態になり家出。その頃、金の羊の皮を手にするため冒険に出たイアソンも同じく家を出ていた。家出後、すぐ行き場がないことに気づき途方に暮れるイカロスの行く手にはまだ見ぬ神々の姿があった…

  • 第7話 ついに水晶玉、復活?

    頭に矢が貫通したアキレウスは、横たわったままだ。ケイロンは、粉々になった水晶玉のかけらを涙ながらにかき集めるエロスに、「復元する方法」を知っていることを告げる。代償にとんでもない請求が来るのではと怯えるエロスだが、結局、ケイロンと共にある場所を目指すことになる。目指す先には、鍛冶屋のヘパイストスがいた…

  • 第8話 熟睡せよ、イカロス

    家に戻ってきたイカロスだが、やっぱりまだ落ち込んでいる。父ダイダロスが心配し、100%元気がでるという自作の漫画を差し出すも、イカロスは誰かの頭を射抜いたことは打ち明けれるはずはない。イカロスは死んじゃったやつを連れ戻そうと思い立ち、冥界へと向かうが、ハデスは穴にすっぽりはまっていた。そこには、オレの本気を見せるときが来たと意気込むアレスの姿が…

作品詳細

古代より伝承され、世に広く親しまれるギリシャ神話。エロス、テセウス、ハデス、ポセイドンなど、誰もが一度は聞いたことがありそうな名前の神々や勇者たちが、神業ギャグ満載の独創的解釈のもと多数登場!魅力あふれるギリシャ神話のエッセンスはそのままに、くだらない日常がギリシャの町で繰り広げられる。増田こうすけ節全開で笑いへと導く『ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々』待望のドラマ化作品。

キャスト

馬場良馬 杉本陣 山本一慶 小南光司 永田聖一朗 秋葉友佑 寿里 宮崎湧 加藤将 黒貴 南米仁 いーま 和泉宗兵 宮下雄也 オラキオ

スタッフ

[原作]増田こうすけ[総合監修・脚本]なるせゆうせい[監督]羽生敏博/小鷹裕[製作]ドラマ「ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々」製作委員会
(C)増田こうすけ/集英社 (C)ドラマ「ギリシャ神話劇場 神々と人々の日々」製作委員会