新作 無料あり
魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~
魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~
0ポイント~

魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~

偽りの魔王から世界を解き放つ―

毎週木曜日23:30より最新話見逃し配信中!

2020年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 魔王学院の不適合者

    「―よく聞け。愛しき子孫どもよ。お前達の始祖は帰ってきた」二千年前、暴虐の限りを尽くした史上最強の魔王アノス。そんな彼の血を引く後継者、《魔皇(まおう)》を育成するべく、現代の魔王学院では入学試験が行われていた。試験内容は生徒同士で決闘を行う「実技試験」。そこに現れたのは、二千年前に荒んだ世界に飽き、転生した暴虐の魔王アノスの姿だった。

  • 第2話 破滅の魔女

    「殺したぐらいで死ぬなら、俺は二千年前にとうに死んでいる」始祖としての莫大な魔力を有しているにも関わらず、《不適合者》の烙印を押されてしまったアノス。彼はそんな不当な扱いも意に介さず、圧倒的な実力を示し続け、班別対抗試験にはリーダーとして参加する事に。だが、クラスメイトは混血のアノスを認めず、班員はミーシャのみになってしまう。さらに対戦相手は、実の妹であるミーシャを《ガラクタ人形》と蔑む姉、サーシャ率いる班となった。

  • 第3話 サーシャの真意

    「サーシャ…ただですむとは思っていないだろうな」「最後に、あなたに会えてよかったわ」。意味深な言葉を残したサーシャの真意を掴めぬまま時は経ち、魔王学院では特別授業として、七魔皇老アイヴィスによる大魔法教練が開催される。七魔皇老は始祖が自らの血を使い生み出した七人の配下。「くれぐれも失礼のないように」とエミリアに念を押されたアノスだったが、躊躇いもなくアイヴィスのことを呼び捨てにしてしまう。

  • 第4話 十五の誕生日

    「俺が魔王アノス・ヴォルディゴードだ」「十五歳の誕生日…。午前零時に私は消える…」。ミーシャが衝撃の事実を告げる。アイヴィス・ネクロンの掛けた魔法により、仮初めの生を過ごしていたミーシャは“本来は存在しない存在”であった。「十五年が私の一生」。それでいいのだと諦観する彼女にアノスは告げる。「俺には知らぬことが二つある。後悔と不可能だ」。《不適合者》が姉妹を縛り付ける悲劇を、理不尽を、いま粉砕する。

  • 第5話 転入生

    「俺に抜けぬ剣など、この世に一本しかない」ミーシャ、サーシャとの邂逅。アイヴィスとの激闘も記憶に新しい中、魔王学院では、七魔皇老をも打ち負かす実力者、《錬魔の剣聖》レイが転入生として現れる。レイは有能なリーダーのもとに就きたいと言い、アノス班に入ることを希望した。しかしアノスがこれを拒否。代わりに「相応の結果を見せれば配下に加えてやる」と条件を提示する。かくしてレイは班を結成し、アノス班と、班別対抗試験で真っ向勝負をすることに。

作品詳細

二千年の時を経て蘇った暴虐の魔王―だが、魔王候補を育てる学院の適性―《不適合》!?人を、精霊を、神々すらも滅ぼしながら、延々と続く闘争に飽き、平和な世の中を夢見て転生した暴虐の魔王「アノス・ヴォルディゴード」。しかし二千年後、転生した彼を待っていたのは平和に慣れて弱くなりすぎた子孫たちと、衰退を極めた魔法の数々だった。魔王の生まれ変わりと目される者を集め教育する“魔王学院”に入学したアノスだが、学院は彼の力を見抜けず不適合者の烙印を押す始末。さらには、伝説の魔王は自分とはまったくの別人という事になっていた。誰からも格下と侮られる中、ただひとり親身になってくれる少女ミーシャを配下に加え、不適合者(魔王)が、魔族のヒエラルキーを駆け上がる!!「摂理だろうと運命だろうと、奇跡だろうと、俺の眼前ではただひれ伏し消えるのみだ。」

キャスト

鈴木達央 楠木ともり 夏吉ゆうこ

スタッフ

[原作]秋[キャラクター原案]しずまよしのり[総監督]大沼心[監督]田村正文[助監督]湊未來[キャラクターデザイン]山吉一幸[シリーズ構成]田中仁[音響監督]納谷僚介[音楽]井内啓二[制作スタジオ]SILVER LINK.

関連キーワード

小説関連作品 見逃し配信
(C)2019 秋/KADOKAWA/Demon King Academy