新作 無料あり
キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦
キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦
0ポイント~

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

最強の剣士と最強の魔女。宿敵である二人は、戦場で惹かれ合う。

2020年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 邂逅 ―2つの国の最終兵器―

    帝国が誇る最高戦力“使徒聖”。イスカは最年少でその称号を得たにもかかわらず、大罪を犯したことで囚われの身となっていた。罪の代償として命じられたのは、“氷禍の魔女”の拘束。戦争状態にあるネビュリス皇庁の強力な星霊使いだった。戦争の最前線へ向かったイスカは、そこで氷禍の魔女・アリスリーゼと対峙する。

  • 第2話 邂逅 ―僕とわたしが出会った敵は―

    氷禍の魔女アリスとの戦闘を経てからというもの、イスカの心はどうしてか落ち着かない。気分転換にとミスミスに勧められ、イスカは中立都市でオペラを満喫。だが隣に座っていた客はまさかのアリスだった。戦場のライバルと「戦闘禁止」区域で再会したことで、イスカとアリスは、図らずもお互いの素顔を知ることになり…。

  • 第3話 邂逅 ―黒鋼の後継と氷禍の魔女―

    氷禍の魔女との戦いを称えられ、イスカは使徒聖への復帰が検討されることになった。だが条件は、氷禍の魔女の拘束。逡巡するイスカは再びアリスに会うため、中立都市を目指す。一方、アリスはイスカが使徒聖であるにもかかわらず、囚われの星霊使いを逃した過去を知る。真意を探るため、アリスもまた中立都市へ向かう。

  • 第4話 交差 ―ボルテックス攻防―

    遊楽都市ジュラクでカジノを楽しむN07部隊。新たな任務を前にした休暇であると同時に、ミスミスにはある狙いがあるようで…。一方、アリスもまた燐とともにカジノを満喫していた。再会を期待し、お互いの存在を気にしてしまうイスカとアリス。だが、その裏側では帝国と皇庁の新たな紛争の火種が生まれようとしていた。

  • 第5話 交差 ―ボルテックス覚醒―

    星脈噴出泉(ボルテックス)を巡り、帝国と皇庁の内部でも緊張が高まっていた。仮面卿による星霊エネルギーの独占を疑うアリス。一方のイスカたちは、前線基地に星霊使いが侵入したことを不穏に思いながらも、星脈噴出泉の探索を続行。ついに目標を発見するが、そこには大きな罠と強大な魔女が待ち構えていた。

  • 第6話 楽園 ―燐の⼤誤算―

    イスカのことが頭から離れないアリスに、中⽴都市での彼との再会と決着を勧める燐。だが、その裏には⼆⼈の関係を断ち切ろうとする燐の計画があった。⼀⽅のイスカたちは皇庁への侵⼊と現⼥王の捕縛という前代未聞の難関任務を命じられていた。さらに時同じくして、ミスミスの体に異変が起こり始める。

  • 第7話 楽園 ―アリスの⼀番⻑い夜―

    イスカ奪還のため皇庁の国境突破を命じられるN07部隊。璃洒の指⽰で、イスカの救出と同時に別働隊がネビュリス⼥王を捕獲するという…。⼀⽅、アリスは拘束したイスカを連れて皇庁に帰還したが、初めて⾝近に接する彼に好奇⼼が収まらない。監視されるイスカと監視するアリスの、⼀夜限りの同居⽣活が始まった。

  • 第8話 「楽園 ―超越の魔人―

    璃洒の策によって、最悪の魔人サリンジャーが脱獄。ミスミスたちは騒乱に乗じて監獄塔からの脱出を図るが、鎮圧部隊に包囲されつつあった。状況を危険視したアリスは、サリンジャーを止めようと監獄塔へと急ぐ。ただ一人、囚われの帝国兵イスカだけが取り残される。状況に必死で抗うイスカが取った行動は…。

  • 第9話 楽園 ―イスカ―

    かつて皇庁を震撼させた“超越”の魔人サリンジャー。その圧倒的な力の前に窮地の燐だが、そこに駆けつけたのはイスカだった。燐と交わした条件、そしてアリスからの「願い」に応えるために、イスカはサリンジャーの打倒を誓う。燃えさかる監獄塔を舞台に、黒鋼の後継イスカと魔人サリンジャーの激戦が幕を開ける。

  • 第10話 始動 ―星に願う少女―

    女王選抜が近づくにつれ、緊張感を増していく皇庁。王宮から出たいアリスだったが、外国へ遠征を命じられたのは妹のシスベル。頑なに他人を拒絶する彼女には、ある秘密があった。時同じくイスカたちは、魔女となったミスミスの星紋を隠すために帝国外のリゾート地へ。N07部隊が向かう地で待っていたものは…。

  • 第11話 始動 ―魔女狩り―

    シスベルと再会したイスカは、彼女のみが知る破滅の未来を止めるため、あなたの力が必要だと迫られて…。そんな中、皇庁と帝国の双方でシスベルを巡る動きが加速する。アリスは妹の真意を確かめるため自らもアルサミラへの遠征を決意。そしてシスベルの情報が提供された帝国でも、ある計画が実行されようとしていた。

  • 第12話 (最終話) 始動 ―あるいは世界を始める2人―

    仮面卿に狙われ、さらには帝国の実験兵器にまでも襲撃されるシスベル。駆けつけたミスミスたちが仮面卿を足止めし、イスカはシスベルを守るため殲滅物体(オブジェクト)と対峙する。だが、その兵器には帝国の底知れぬ闇が隠されていた。大国の陰謀が渦巻く戦場で、イスカとアリスが、二人が選ぶ未来は決別か、あるいは―

作品詳細

科学技術が高度に発達した機械仕掛けの理想郷「帝国」。超常の力を駆使し、“魔女の国”と恐れられる「ネビュリス皇庁」。百年にわたる戦争を続けてきた両国には、二人の英雄がいた。最年少にして帝国の最高戦力となったイスカ。ネビュリス皇庁の王女にして“氷禍の魔女”の異名を持つアリスリーゼ。戦場でめぐり逢った二人は、命を賭して戦う宿敵となった。国を、家族を、仲間を守るため、決して譲れない矜持と矜持をぶつけ合う。しかし、激闘の中で互いの素顔に触れた二人は、その生き方に、その理想に惹かれてしまう。ともに歩むことはできず、残酷な運命に翻弄されるとわかっていても。…そんな二人を嘲笑うかのように、世界の緊張はなおも高まり、大国の謀略が交錯しようとしていた。分断された世界、それでも少年と少女は想いを募らせていく―。

スタッフ

[原作]細音啓[原作イラスト]猫鍋蒼[監督]湊未來/大沼心[シリーズ構成]下山健人[キャラクターデザイン・総作画監督]佐藤香織[サブデザイン]青木慎平[メカデザイン]氏家嘉宏[星紋デザイン]高橋清太/池脇弘年[モンスターデザイン]HB2P[美術監督・美術設定]前田実[色彩設計]水本志保[撮影監督]佐藤敦[3D監督]北村浩久[編集]近藤勇二[音響監督]郷文裕貴[音響効果]林佑樹[音響制作]ビットグルーヴプロモーション[音楽]Elements Garden[音楽制作]ポニーキャニオン[アニメーション制作]SILVER LINK.[製作]キミ戦製作委員会

関連キーワード

小説関連作品
(C)2020 細音啓・猫鍋蒼/KADOKAWA/キミ戦製作委員会