無料あり
クリムゾン・リバー シーズン1
クリムゾン・リバー シーズン1
0ポイント~

クリムゾン・リバー シーズン1

2001年に映画化され大ヒットしたフランスのベストセラー小説をTVシリーズ化。ヨーロッパの各地に根付く、宗教、美術、オカルト等が絡み合った連続猟奇殺人事件に、ベテラン警視と若手女性警部補の師弟コンビが挑むサスペンス・スリラー

2018年

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 華麗なる一族

    バーデン=ヴュルテンベルク州のドイツ貴族が所有する森。この領地のフランス側地域で、当代伯爵ユルゲン・フォン・ガイヤースベルクの無残な遺体が発見された。ニーマンスとカミーユ、ドイツ警察のクライネルトは、殺害方法がストーキング猟のスタイルを模していることを突き止める。ユルゲンの妹ローラや叔父のフランクへの捜査を進める中、ローラが犬に襲われる事件が発生。この犬はナチスが飼育していたレートケン・ハウンドという犬種で、絶滅したとされていた。

  • 第2話 最後の狩り

    伯爵家からまた1人、ユルゲンと同じ手口で殺害された遺体が見つかる。新たな犠牲者が出ることが危惧される中、ニーマンスたちは、伯爵家では過去にも各世代、息子が1人ずつ死んでいたことを突き止める。一族が何か秘密を抱えていると考えたニーマンスはローラを問い詰めるのだが…。そんな中、一族の主治医、シュラー医師が何者かに殺害される。シュラーは殺される前、ユルゲンとローラのDNAを調べており、ニーマンスに何かを伝えようとしていた。

  • 第3話 神の収穫者

    アルザス地方、ロスハイムのプロテスタント系カルト教団“神の収穫者”が所有する礼拝堂で、天井のフレスコ画の修復工事中、トスキ牧師が死亡した。地元警察は事故と結論づけ捜査を中止するが、ニーマンスは殺人と判断する。教団はブドウ畑とワイン醸造所を所有しており、カミーユはそこにブドウ収穫の季節労働者として潜入。崩落した天井の破片を教団が隠していることを発見したことから、トスキの死はフレスコ画と関連している可能性が浮上する。

  • 第4話 灰の日

    “神の収穫者”で財務と法務を担当するレイノーが遺体で発見され、体には「MLK」という文字が刻まれていた。また崩れた天井のフレスコ画のX線写真で、別の絵が隠されていたことが判明。犯人は教団関係者とにらんだニーマンスは、レイノーの妻であるブランディーヌから話を聞き出すよう、カミーユに指示する。教団内部に案内されたカミーユは、病気や障がいを持つ子供たちが集められた病院のような場所を目にする。

  • 第5話 夜明けの殺人者

    フランス北部、ベルギー国境に近い町ルーベで、切断された少年の手首が発見された。ニーマンスとカミーユが捜査のため派遣されるが、町では女性3人が無残に殺されるという連続殺人も起きていた。地元捜査当局から、そちらの事件には関与しないよう要請されるが、ニーマンスは独自に捜査を開始。手がかりを追ううちに聖ヴァンサンという社会福祉施設にたどり着く。1990年代に生徒への虐待事件が起きており、町では評判の悪い施設だった。

  • 第6話 少年十字軍

    近隣では聖ヴァンサンの不良たちの仕業と思われる連続窃盗事件が起きており、そのうちの一件で盗まれたライフルが、連続殺人に使われている可能性が浮上する。また、窃盗犯の1人の指紋が切断された手首のものと一致したため、少年の手首が発見された事件と連続殺人はつながっていると思われた。児童相談所で聖ヴァンサンの生徒の情報を入手し調べを進めると、連続殺人の被害者たちは何らかの形で過去に聖ヴァンサンと関連があったことが判明する。

  • 第7話 グイドの手

    リール近郊で、ニーマンスの旧友のギヨーム修道士が惨殺された。遺体は手にひどいヤケドを負っていた。ギヨームの暮らしていた僧院は音楽の研究で有名であり、ニーマンスは研究と殺害動機の関連を疑う。一方、市長の娘が行方不明になり、カミーユはロックバンドBHPのボーカル、メソニエの犯行だと確信する。メソニエは8年前にカミーユが刑務所送りにした男で、バンドのツアーでリールを訪れていた。そんな中、修道士の新たな惨殺死体が発見される。

  • 第8話 (最終話) 暗黒のメロディー

    ニーマンスとカミーユは、ギヨーム修道士のメールの記録から、連絡を取っていた作家を訪れる。殺害された2人の修道士が手に彫っていた音符は神の言葉と思われ、その作家は符号の解読方法を発見していた。一方、行方不明だった市長の娘が遺体で発見されるが、体から大量の血が抜かれていたことが判明。さらにギヨームが死ぬ前に残した言葉「剣と蛇」という手がかりから、ニーマンスは一連の事件に悪魔崇拝が関係していることを突き止める。

作品詳細

過去の事件から警察学校の教官職に追いやられていたピエール・ニーマンスは、OSSC(暴力犯罪中央局)からコンタクトを受け、現場に復帰する。教官時代の優秀な教え子であったカミーユ・クローネとコンビを組んだニーマンスは、各地で起きた奇妙で陰惨な殺人事件の解決に挑む。

キャスト

オリヴィエ・マルシャル エリカ・サント

スタッフ

[原作]ジャン=クリストフ・グランジェ[脚本]ジャン=クリストフ・グランジェ/ダヴィド・モルレ[監督]イヴァン・ファギヴェレシュ/オリヴィエ・パルマ/ダヴィド・モルレ[製作]サビーヌ・バーテレミ[音楽]ダヴィド・レイエス
(C) STORIA TELEVISION - MAZE PICTURES - ZDF - ZDF ENTERPRISES - UMEDIA 2018