新作 無料あり
幼なじみが絶対に負けないラブコメ
幼なじみが絶対に負けないラブコメ
0ポイント~

幼なじみが絶対に負けないラブコメ

幼なじみが負けヒロインの時代は終わった!冷遇され続けた『幼なじみヒロイン』の復讐(リベンジ)が今始まる─!

毎週火曜日0:00より最新話見逃し配信中!

2021年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 幼なじみが絶対に負けないラブコメ

    丸末晴は高校1年生の冬、天才小説家で同じ学校の同級生、可知白草に恋をしてしまった。初恋ゆえに、何も出来ないまま時だけが過ぎ…。そんな自分を悪友の哲彦にたしなめられたり、幼なじみの志田黒羽にからかわれる最中、耳に入ってきたのは、片思い相手の白草に彼氏ができたという話。告白する前から失恋して、意気消沈の末晴。そんな彼に黒羽が持ちかける。「ハル、復讐しよう―。」

  • 第2話 彼と彼女と彼女の事情

    復讐のために白草の彼氏、阿部先輩の悪い噂はないかと情報を探っていた末晴だったが、逆に阿部先輩から、末晴がずっと隠してきた秘密を見抜かれてしまう。さらに白草と付き合った真意を聞かされ、一層復讐心に燃える末晴。直前に迫る文化祭の演劇で見返してやろうと、白草に脚本の執筆をお願いするのだが…。

  • 第3話 我、初恋復讐完了す

    文化祭の当日。この日最後のメインイベント、告白祭で全てが決まる―。緊張の一日が始まるが、クラスの催し物も忙しい。告白祭での作戦は上手くいくだろうか…?そんな末晴のもとに来客が現れ、末晴も、周囲も、大きな勘違いをしていたことに気がつく。文化祭も終盤、告白祭の開始も目前で、黒羽が予想外の行動に出る。

  • 第4話 桃坂真理愛襲来

    文化祭のフィナーレ、「告白祭」で作戦を完遂するはずだった末晴。しかし蓋を開けてみれば、自らのちょっとしたプラン変更によって周囲の人間を全員巻き込み、黒羽に告白して振られてしまった末晴。突然の告白にNOを突きつけてしまった黒羽。好き”だった”と過去形で言われてしまった白草。しかも、ただでさえこじれた三角関係をさらにこじれさせる要員も待ち構えていて…。

  • 第5話 記憶カケル少女/タコさんウインナーの罠

    突然末晴の家に飛び込んできた、黒羽の妹たち。彼女たちの話によると黒羽が記憶喪失になってしまったそう。黒羽の中では夏休みから先の記憶がなく、末晴に告白するかどうかで記憶が止まっていた…。なので文化祭の自分の行動は取り消して自分の告白するタイミングからやり直してほしいと提案する黒羽。しかし白草は黒羽の行動自体を怪しんでおり…。

作品詳細

彼女は俺にだけ密かに笑ってくれる。相手の可知白草(かちしろくさ)は芥見賞を受賞した現役女子高生作家!しかも美少女!普通の高校生の俺・丸末晴(まるすえはる)には分不相応だってことくらいわかってる!けど、脈アリだと思うんだよ、たぶん、いや絶対!…なんて思ってたら…可知に彼氏がいただとぉぉぉっっ!?落ち込む俺に、ロリ可愛、陽キャで世話好き…更には何故か俺を好きだと公言してはばからない、幼なじみの志田黒羽(しだくろは)は言ってきたんだ…「復讐しよう」初恋の恨みは海より深い―けど決して暗くない!ドロドロしない!初恋復讐(リベンジ)が動き出す!

スタッフ

[原作]二丸修一[原作イラスト]しぐれうい[監督]直谷たかし[副監督]浅見松雄[シリーズ構成:冨田頼子[脚本]冨田頼子/久尾歩/高木聖子[メインキャラクターデザイン]直谷たかし[サブキャラクターデザイン]曾我篤史[プロップデザイン]松本 恵/小倉寛之[総作画監督]曾我篤史/熊谷勝弘[美術]ムクオスタジオ[色彩設計]真壁源太[撮影監督]杉浦誠一[編集]坪根健太郎[音響監督]本山哲[音響効果]白石唯果[音響制作]デルファイサウンド[音楽]Akiyoshi Yasuda[音楽制作]KADOKAWA[アニメーション制作]動画工房[製作]おさまけ製作委員会

関連キーワード

小説関連作品 見逃し配信
(C)2021 二丸修一/KADOKAWA/おさまけ製作委員会