新作 無料あり
若様! 私がお守りします
若様! 私がお守りします
0ポイント~

若様! 私がお守りします

初恋探し、始めましょ。

2020年

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 8年前の約束

    田三七(でん・さんしち)は葬儀店の一人娘。皆が気味悪がる遺体の検視が得意だが、そのせいか村の男たちからは相手にされていない。そんな田三七にも心に決めた相手がいる。8年前、木の下で将来を約束した“神様の男の子”だ。ある日、田三七は空に上がった凧に、その男の子が描いていた絵を発見し、凧の持ち主である趙錯(ちょう・さく)を訪ねることに。

  • 第2話 私がお妃候補!?

    田三七(でん・さんしち)が、良家の娘、賀錦心(が・きんしん)に成りすまして趙錯(ちょう・さく)と見合いをしたため、賀錦心の両親に正式な書簡が到着する。結婚したくない趙錯は、挨拶に来た賀錦心の父の前で、自分は病に侵された身なのだと芝居を打つ。一方、田三七の両親は娘を棺桶店の息子、王麻子(おう・まし)と結婚させるつもりだった。その頃、桃源城でもお妃選びが進んでおり…。

  • 第3話 2度目のチャンス

    桃源城へ向かう途中、田三七(でん・さんしち)は用を足すふりをして行列から逃げ出す。その頃、北府太府令の息子、白一飛(はく・いつひ)は田三七を捜していた。田三七とは昔会ったことがあると口にする白一飛。一方、賀錦心(が・きんしん)は趙錯(ちょう・さく)には嫁ぎたくないと言って自害しようとしていた。偶然、その場に居合わせた田三七は、再び賀錦心に成りすまして趙錯のもとへ向かう。

  • 第4話 我が友よ

    賭け事で楊勇(よう・ゆう)が罠を仕掛けているとも知らず、趙錯(ちょう・さく)は趙家の屋敷を賭ける。田三七(でん・さんしち)が止めるも、趙錯は忠告を聞き入れずに賭けに負けてしまう。父親の趙全対(ちょう・ぜんたい)は大激怒。その後、趙錯は父が北府太府令から侮辱されていると知り、北府へ忍び込むことに。田三七は再び止めようとするが、趙錯に「友達なら助けてくれ」と言われ…。

  • 第5話 謎の連続死

    楊勇(よう・ゆう)の遺体が川で発見される。遺体の様子から、的確に溺死と推定する田三七(でん・さんしち)を見て感心する白一飛(はく・いつひ)。一方、楊勇の友人の文瀟(ぶん・しょう)と梁湘松(りょう・しょうしょう)は、楊勇と一緒に趙錯(ちょう・さく)から奪った屋敷の分け前を話し合っていた。それを立ち聞きして罠にはめられていたことを知った趙錯は衝撃を受ける。ところがその直後、文瀟も遺体で発見される。

  • 第6話 3日の猶予

    梁湘松(りょう・しょうしょう)も死に、趙錯(ちょう・さく)に疑いがかかる。3日で解決すると宣言した田三七(でん・さんしち)は、趙錯の話から毒が使われたと推理して検視を試みる。どうやら曼陀羅華(まんだらげ)の毒を使った連続殺人のようだ。その後、犯人は現場に駆けつけていた男だと絞るも、つじつまが合わない。しかし、仕立て屋から3年前の火事の詳細を聞いた田三七は、真実を突き止める。

  • 第7話 初めての待ち合わせ

    田三七(でん・さんしち)が連続殺人事件を解決に導いたことで、彼女に対する趙錯(ちょう・さく)の気持ちに変化が生じる。田三七は、何かお礼をしたいと言う趙錯に「今夜待ち合わせをしてほしい」と申し出る。しかし、趙錯が約束の場所に向かったのは朝方だった。さすがにもういないだろうと思った矢先、田三七が現れる。そんな田三七を趙錯は思わず抱きしめる。

  • 第8話 絵を描いたのは…

    空に上がった凧の絵は、白一飛(はく・いつひ)が描いたものだということが分かる。趙錯(ちょう・さく)が“神様の男の子”だと信じていた田三七(でん・さんしち)は混乱してしまい、趙錯に離縁してほしいと申し出る。趙錯のもとを離れた田三七が街をさまよっていると、南府で検視官を募集しているとの情報が…。趙錯の付き人の李嘉(り・か)に声をかけられ、田三七は南府へ向かう。

  • 第9話 “お兄ちゃん”は誰?

    賊たちに捕まった田三七(でん・さんしち)を助けに来た趙錯(ちょう・さく)。田三七が賀錦心(が・きんしん)に成りすましているのを承知の上で、趙錯は白一飛(はく・いつひ)と共に田三七を助け出す。その後、趙錯は足をケガしたと嘘をついて田三七をそばに置こうとする。しかし、白一飛が“神様の男の子”の可能性もあると思うようになった田三七は、白一飛に腰の痣(あざ)のことを尋ねようと…。

  • 第10話 箱と真珠

    趙錯(ちょう・さく)が8年前に将来を約束したという段雪薇(だん・せつび)が、突然帰ってくる。田三七(でん・さんしち)は、白一飛(はく・いつひ)から趙錯と段雪薇のなれ初めを聞いて、身を引くことに。田三七の落ち込む様子を見た白一飛は、趙錯に「2人のうちどちらかを選べ」と言うが、趙錯は迷うばかり。その頃、桃源城では城主の娘、何若瑶(か・じゃくよう)が兄の何臻(か・しん)の妃を捜しに行くことが決まる。

  • 第11話 不可解な疫病

    田三七(でん・さんしち)らが事件解決のため百方(ひゃくほう)県に到着すると、何若瑶(か・じゃくよう)も身分を隠し、密使としてやってくる。田三七は百方県の十方(じゅうほう)村に住む両親を訪ねて疫病の原因を探るが、はっきりしたことは分からない。しかし、葬儀店を営む父親が、死んだ賊のことを何一つ知らないという事実に疑問を抱く。そこで田三七たちは、山に埋まった遺体を調べに行く。

  • 第12話 裏で糸を引く者

    田三七(でん・さんしち)と何若瑶(か・じゃくよう)が、井戸に毒を入れたとして捕まる。百方(ひゃくほう)県の県令の指示により2人が殺されそうになったところへ、趙錯(ちょう・さく)と白一飛(はく・いつひ)が助けに入る。趙錯が田三七をかばって倒れるも、間一髪のところで助かった4人。その後、県令が犯人として捕まり事情聴取が進むのだが、真の黒幕の存在が明らかになろうとしたその時…。

  • 第13話 心変わり

    趙錯(ちょう・さく)が目覚めると、田三七(でん・さんしち)は南府を去っていて、目の前にいたのは段雪薇(だん・せつび)だった。段雪薇の帰りを長年待ち望んでいたというのに、田三七がいなくなったと知ると趙錯は不機嫌になる。一方、何若瑶(か・じゃくよう)は白一飛(はく・いつひ)のことが気になって仕方がない。田三七を思っていた白一飛だったが、何若瑶と一緒に夕日を見たことをきっかけに何若瑶と親しくなっていく。

  • 第14話 離れる決意

    段雪薇(だん・せつび)は趙錯(ちょう・さく)の心が既に田三七(でん・さんしち)に移ってしまったことを悟るが、現実を受け入れられない。一方、田三七は賀錦心(が・きんしん)と約束した1か月がたち、彼女のもとを訪れる。田三七が思い通りに動かないと知ると賀錦心は、田三七の秘密を持ち出して仮死状態になるよう命令する。覚悟を決めた田三七は、趙錯への思いを手紙にしたためて薬をのみ…。

  • 第15話 人食い婆

    田三七(でん・さんしち)は、趙全対(ちょう・ぜんたい)から“南太府特別助手”の役職を授けられ、同時に趙錯(ちょう・さく)は“南府副太府令”となる。ちょうどその頃、十方(じゅうほう)村では心臓をくり抜かれた遺体が6体も発見され、人食い婆の仕業だという噂が広まっていた。人々は恐ろしさに震え上がり、役所には不満の声が寄せられる。そこで南太府役所は、夜間外出禁止令を出して捜査に乗り出す。

  • 第16話 ゆがんだ愛情

    新たな被害者が出て、田三七(でん・さんしち)が疑われる。火刑に処されることになった田三七は、そんな状況でも事件を冷静に分析する。そして、趙錯(ちょう・さく)の身が危ないことに気づくのだが、刑が執行される直前で身動きができない。そこへ何臻(か・しん)が現れ田三七は危機を脱出。田三七らが千毒堂の隠し部屋に向かうと、そこでは恐ろしい手術が行われようとしていた。

  • 第17話 待ち焦がれた人

    隠し部屋から逃げる際にケガを負った田三七(でん・さんしち)。命に別状はないが療養が必要で、そばには何臻(か・しん)が付き添う。趙錯(ちょう・さく)は、何臻の身分を知っても気持ちを抑えることができず、何臻と張り合おうとする。意識が戻った田三七は、何臻の思いには応えられないと断ることに。しかし、何臻こそが待ち焦がれていた“神様の男の子”だと知って…。

  • 第18話 覚悟の別れ

    田三七(でん・さんしち)は趙錯(ちょう・さく)に、何臻(か・しん)が“神様の男の子”であることを説明し、趙錯に別れを告げる。何若瑶(か・じゃくよう)は田三七の本心を気遣い、望むなら何臻を説得するとも申し出るが、田三七の決意の裏には予想以上の覚悟があった。その頃、何若瑶に縁談が舞い込む。何若瑶は白一飛(はく・いつひ)と添い遂げる約束をしていたが、いざとなると白一飛はひどく尻込みする。

  • 第19話 諦めきれない思い

    趙錯(ちょう・さく)が田三七(でん・さんしち)を諦めきれていないことを察した白一飛(はく・いつひ)。白一飛は、自分が何臻(か・しん)を引き止めて時間を稼いでいる間に、田三七の名符(みょうぶ)を奪えばよいと趙錯に提案する。趙錯が何臻の部屋で名符を探していると、酔っ払った田三七が入ってくる。2人が何臻の部屋にいることが知られてはまずい。しかし、ちょうどそこへ何臻が戻ってきてしまう。

  • 第20話 思い出の歌

    ある朝、田三七(でん・さんしち)がいなくなる。行き先が十方(じゅうほう)村だと知った趙錯(ちょう・さく)は急いで追いかける。その頃、田三七は両親に何臻(か・しん)を紹介していた。田三七が1人で槐(えんじゅ)の木に挨拶していると、趙錯が突然現れ、“お面の精霊”の絵が刺繍されたかばんを渡す。田三七が歌を歌うと、趙錯も続きを口ずさむ。その歌は“神様の男の子”しか知らないはずなのだが…。

  • 第21話 出発の日

    趙全対(ちょう・ぜんたい)が南府太府令の役職から退くと言いだし、趙錯(ちょう・さく)も父と一緒に田舎で暮らすことに。何臻(か・しん)の護衛の無夢(む・ぼう)は、急な引退を怪しむ。別れを前に、趙錯と白一飛(はく・いつひ)は飲み比べをしながら出会った頃のことを回想する。白一飛に「田三七(でん・さんしち)のことをよろしく頼む」と託す趙錯。出発の日、皆で別れを惜しむ場に、なぜか趙錯だけが現れなかった。

  • 第22話 迫る危機

    趙錯(ちょう・さく)たちの一行が刺客に襲われる。そこへ趙錯の武術の師匠、張(ちょう)統領が現れて一行は危機を免れる。襲われたことがきっかけとなり、趙錯の昔の記憶が蘇る。隠す必要がなくなったと判断した趙全対(ちょう・ぜんたい)は、趙錯の身分を明かす。張統領は、18年前に桃源城から趙錯を連れて逃げたこと、8年前に何者かに狙われたことについて語りだす。

  • 第23話 真の黒幕

    ついに何臻(か・しん)が捕らえられた。桃源城主の前で、田三七(でん・さんしち)による何臻の尋問が始まる。何臻は黒衣の組織の一員だったが、真の黒幕は別にいる。何臻は重い口を開き、世継ぎの影武者となった経緯を話しだす。それは悲しく孤独な過去だった。謎が解けていく中、1つだけ疑問点が残る。趙錯(ちょう・さく)には田三七と一緒に蛍を見た記憶がない。その理由は…。

  • 第24話 (最終話) 私がお守りします

    桃源城主は、予想以上に敵が多いことを知り、機先を制する作戦に出る。趙錯(ちょう・さく)は隠し通路を見つけて敵のもとへ。ところが思いのほか苦戦し、趙錯は人質として捕らえられる。桃源城主は逆賊に城主の座を譲る代わりに趙錯を取り戻そうとするが、玉璽(ぎょくじ)を渡すと同時に敵は趙錯を殺そうとする。その瞬間、田三七(でん・さんしち)が趙錯をかばおうとして…。

作品詳細

8年前に、とある樹の下で結婚を約束した男の子のことが忘れられない田三七(でん・さんしち)は、ある日、その男の子が書いていたものと同じ絵が書かれた凧を見つける。その持ち主は、役人の息子で、女も賭け事も大好きな趙錯(ちょう・さく)だった。彼が例の男の子だと確信した三七は、ひょんなことから趙錯に嫁ぐことに成功する。しかし、趙錯は三七のことを全く覚えおらず、絶対に結婚できないと言い出す。三七に、とりあえずは友達になろうと言う趙錯だが、周囲には三七を使用人だと言って回る。それを聞いた白一飛(はく・いつひ)は、放蕩息子の趙錯ではなく、自分のところに来ないかと三七を誘う。しかし三七は、友達である趙錯を裏切ることはできないときっぱりと断る。そんな中、街では殺人事件が発生。その犯人として趙錯に疑いがかかってしまう。何とかして趙錯を助けたい三七は、3日くれれば真犯人を見つけてみせると役人に頼み込むのだが…。

キャスト

ユー・シューシン リウ・イーチャン ルオ・ミンチエ ジャック・ロク チェン・ハオラン ツァオ・ミンユエ

スタッフ

[監督]チョウ・トン/ダイ・モンイン[脚本]チョウ・トン/ダイ・モンイン/イエン・フイ/レイ・ビンシン
(C)BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.