新作
恋した彼女は宇宙人
恋した彼女は宇宙人
220ポイント~

恋した彼女は宇宙人

遥かな星を越えて出逢った2人に起こる、笑って泣ける愛の奇跡-宇宙人ヒロインとツンデレ社長の、最高にスイートな痛快ラブコメディ!

2019年

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 地球へ降臨

    ある夜、Fグループ総裁・方冷が、車の運転中に事故を起こした。ちょうどその時、太陽系外のケプトン星からやってきた小七が空から舞い降り、彼を助ける。小七は車の爆発の勢いで川へ落ち、7日後に地上へ上がる。しかし本部と連絡を取るための発信器をなくした小七。このままでは星へ帰れない。発信器を捜すため、自分が助けた男性に会いに行こうとするが、記憶にあるのは、たくましい胸筋だけ。彼女は胸筋の記憶を頼りに街へ出る。

  • 第2話 発信器を捜せ

    デリバリーの仕事を始めた小七は、来店した方冷の体に触れ、彼こそが探していた人物だと気づく。しかし彼が発信器を持っている気配はない。一方、その方冷は、展覧会に向けて弟の方烈に絵を描かせようと必死だった。その熱心さをいじめだと認識している小七は、横暴な兄から方烈を守ろうと奮闘する。ちょうどその頃、過去に方烈と関わりのあった江雪が海外から帰国する。彼女は親から命じられ、兄の方冷と見合いをする予定だったが…。

  • 第3話 決死の配達

    素手で人間に触れると体が凍る小七だが、なぜか方冷だけは平気だった。方冷もケプトン星人なのではないかと疑った小七は、それを確かめようとする。たびたび現れる小七を迷惑に感じた方冷は、弟の創作活動を邪魔させないためにも、あえて社員や自分のランチを小七に配達させ、彼女が忙しくなるように仕向ける。注文を受けたレストラン店主の柴は大喜びで小七にバイクまで与え、デリバリーの体制を整えるが、路上で思わぬトラブルが…。

  • 第4話 病室の星空

    小七の届けたランチが原因で、アレルギーを起こした方冷。すぐに病院へ運ばれ、事なきを得るが、責任の追及を恐れたレストラン店主の柴は、方冷の機嫌を取ろうと、小七を病室へ送り込む。病室でひと晩一緒に過ごしたことで、小七と方冷の距離はぐっと縮まるが、翌朝、方冷は雨が降るとの知らせを受け、慌てて病院を出ていく。一方、世間ではレストランが食中毒を出したというデマが広がり、お店は、人々から心ない攻撃を受ける。

  • 第5話 特別な彼女

    レストランの危機を救うため、小七のもとへ駆けつけた方冷。そのために彼は雨に遭遇してしまう。しかし不思議なことに、発作を起こしながらも、彼の中から小七の記憶が消えることはなかった。その報告を聞いた精神科医の張は、方冷にとって小七が特別な存在であることを指摘する。その頃、展覧会に関わっていたVIPのフェルナーが、展覧会から手を引くと言い出した。それは展覧会に反対していた方烈の母親のしわざだった―。

  • 第6話 総裁の愛

    方冷は、展覧会を阻止しようとする母親から弟の方烈を守るのに必死だった。一方、方烈はフェルナーを説得するための作品づくりに没頭していた。しかしそこに、フェルナーが帰国を早めたとの連絡が入る。小七は時空を止めて、帰国の途についたフェルナーを引き止める。そこへ追いついた方冷と方烈は無事にフェルナーを説得し、展覧会への協力を約束させる。一件落着となったその帰り道、方冷は小七を驚かせる行動に出たのだった…。

  • 第7話 偽りの恋人

    治療のために小七と交際をしようとした方冷は、デートを計画したり、彼女のお店に大量注文をすることで小七を喜ばせようとする。しかし恋多き方冷が本気であるはずがないと思った小七は、遊びにつきあう時間はないと言って交際を断ってしまう。だが、病気から彼を救えるのは小七しかいないという事実を知らされたことで、彼女は考え直し、方冷の窮地を救うために駆けつける。そして方冷を救うため、偽りの恋人になることを約束する。

  • 第8話 私は会社員

    発信器を取り戻すためにFグループで働き始めた小七。「科学に興味がある」と言って、発信器がある科研部に書類を届ける仕事を振ってもらう。科研部を訪れた小七は、担当研究者の目を盗んで、発信器(青い石)を持ち出すことに成功するのだが、そのタイミングが方烈の展覧会のオープニングと重なり、彼女は方冷に連れられて展覧会の会場へ行くことに。発信器をバッグに隠し持ったまま、小七は気もそぞろで出かけていくのだった。

  • 第9話 帰れない切なさ

    火災から助け出さられた小七は、体が回復するまで方冷の家で過ごすことになった。方冷は彼女を看病するために、家で仕事をする。展覧会の会場に発信器を置いてきたことを思い出した小七は慌てて現場へ行くが、焼け跡から発信器を見つけ出すことはできなかった。ケプトン星へ帰るすべをなくした小七は絶望する。展覧会を中止に追い込んだ方烈の母は、これを機に、方烈を会社に入れようと画策するが、従おうとしない息子に頭を悩ませる。

  • 第10話 死ねない彼女

    江雪が持ってきた防犯カメラの映像によって、青い石を盗んだのが小七であることを知った方冷。小七に騙されていたことにショックを受け、彼女を問い詰める。一方、自分が宇宙人であることを切り出せなかった小七は途方に暮れ、ケプトン星へ帰る最終手段として、地球での死を試みるが、何度も失敗する。彼女が自殺を図ろうとしていること知った方冷は慌てて小七のもとへ駆けつけるが、素直になれず、高圧的な態度を取ってしまう。

  • 第11話 彼を支えたい

    方冷の心の治療のためには、まず徹底的に褒めることだと教えられた小七は、あの手この手で方冷を持ち上げ、さらにストレス解消のため、彼をランニングに誘う。そんな2人の様子を遠くから見ていた江雪は、何とかして小七を陥れようと、防犯カメラの映像を使い、小七が青い石を盗んだ犯人であることを匂わせる記事をネットに流す。記事を見た会社の同僚たちの態度が冷たくなる中で、小七を心配して駆けつけてくれたのは方烈だった。

  • 第12話 台風の島で

    ある朝、小七のもとに江雪が訪ねてきて、方冷から身を引くよう警告する。出社した小七は、恋人関係の解消を方冷に求める。しかしそれは江雪の警告に従ったからではなく、偽りの恋人を続けるのがつらかったからだ。その頃、小七のせいで会社が騒ぎになっていることを知った方冷の父は、方冷を呼びつけ、小七との関係を断つよう迫る。方冷は、小七を秘書室から出すことを条件にその場をなんとか切り抜け、彼女を方烈の部署へ送るが…。

  • 第13話 雨のあと

    方冷の胸の中に発信器があると確信した小七は、最初に発信器の存在を感じた時の状況を再現すべく、方冷の心臓をドキドキさせようと、あの手この手で迫る。彼女と方冷の仲を応援したいと思っている方烈は、何とかして兄をたきつけようとする。一方、方冷と小七の仲を裂くことに余念がない江雪は、方冷の記憶データから小七の記憶を消すため、方冷の指紋を入手しようとする。そこで彼女が頼ったのは、ずっと自分に対して従順な方烈だった。

  • 第14話 別人のような彼

    方冷は小七の記憶をなくし、以前の冷酷な総裁に戻ってしまった。韓秘書は記憶データを方冷に見せようとするが、そこで初めて、データの中から小七に関する記憶だけが消えていることを知る。一方、主治医の張医師は記憶が消えた原因を探るために小七のもとを訪れる。話を聞いた小七は、方冷の病気を治すために力になりたいという気持ちを新たにする。そんな時、方冷と小七に関するゴシップがリークされ、メディアが騒ぎはじめたのだった。

作品詳細

界各地の夜空で不思議な現象が起こった雨の夜。Fグループを束ねる総裁・方冷(シュー・ジーシェン)は1人で車を走らせていたが、事故を起こしてしまう。そこに太陽系外の星からやってきた小七(ワン・ペン)が空から舞い降り超能力で彼の傷を癒すが、その直後に車の爆発から方冷を守った勢いで彼女は川に落ちてしまう。7日後に目覚めた小七は陸に上がるが、自分の星と連絡を取るための発信器をなくしたことに気づく。このままでは星へ帰れない彼女は、発信器を捜すために自分が助けた男性に会いに行こうとするが、思い出せるのはたくましい胸筋だけ。宇宙人・小七は、その胸筋の記憶を頼りに街へ出る―!

キャスト

ワン・ペン シュー・ジーシェン ワン・ヨウチュン ヤン・ユエ シュー・ヤーシン ワン・ハオジェン

スタッフ

[監督]ガオ・ツォンカイ/リウ・ハンヤン
(C)2020 Tencent Penguin Pictures(Shanghai) Co.,Ltd