無料あり
シンデレラ・ラブ
シンデレラ・ラブ
0ポイント~

シンデレラ・ラブ

記憶喪失になった御曹司社長。元恋人だった秘書と再会してからだんだんと記憶が戻り…2人の恋の行方は?御曹司社長と秘書が繰り広げる胸キュンラブコメディ!

2020年

字幕

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    ユエンダー社の社長秘書ニエ・シンチェンは社長のチャオ・ユエンファンからの指示で取引先のボージュエ グループ社長イエン・ジンジーを空港に迎えに行く。宴席に案内するまでの途中、ジンジーの乗り物酔い、車内温度の調節、また宴席での機転など、シンチェンの対応は完璧だった。ジンジーは高い条件で彼女を引き抜こうとするも断られる。その晩、ジンジーはある女性の夢を見たと、友人で医師のハン・ズーユーに話す。そしてジンジーはユエンダー社を買収する。

  • 第2話

    ズーユーは、ジンジーの頭痛の原因は接触した女性に脳が刺激されたためだと言う。ジンジーはシンチェンを首席秘書にして週末まで呼びつけ、シンチェンから退職すると宣言される。シンチェンがボージュエグループの開発するマンションの展示場で物件を見ている時に、来月には社員優待販売があると聞き、ボージュエに1か月残留することにする。社長室全員で食事した時に、ユエンファンがシンチェンを迎えに来て、ジンジーとユエンファンのシンチェン争奪戦が始まる。

  • 第3話

    ジンジーはシンチェンこそ長年捜し続けている女性だと考える一方で、自分に好意を寄せるジェン・ニエンを拒んでいた。そしてある日、シンチェンに無理やり指輪をハメるとジャストフィット。しかしシンチェンは認めるどころか、すでに恋人がいるとウソをつく。ニセ彼氏となったのは、シンチェンの苦悩を知るユエンファンだ。親密そうな2人に嫉妬したジンジーはニエンをアプリのイメージキャラクターに起用。今度はシンチェンの心が動揺する。

  • 第4話

    ライブ配信に映り込んで大ブレークしたジンジーは、自分を主役にした動画の宣伝企画にゴーサインを出し、カメラマンにシンチェンを指名。動画の配信が始まると、若い女性から絶大な支持を得て企画は大当たりする。ある時、ジンジーは自分を盗み撮りするシンチェンに気づき、ほくそ笑むが、撮影はファンの依頼だと知って失望し、企画を中止に。シンチェンを諦めきれないジンジーはズーユーのアドバイスを聞いて、ある方法で求愛する。

  • 第5話

    人気レストランを貸し切ってシンチェンに猛烈にアタックしたジンジーだが、シンチェンからは冷たくあしらわれる。ボージュエグループが開発するマンションの展示場で、実はシンチェンが社員優待で家を購入するため、会社に1か月残留したことを知ったジンジーは、退職を諦めたらマンションを提供すると申し入れる。ジンジーの話を断ったシンチェンは、狙っていた家の購入に成功。しかしその夜、母親からの電話で大きなショックを受ける。

  • 第6話

    ジンジーは、シンチェンが初恋を忘れられないという理由で自分を拒んだことに納得がいかない。そしてズーユーを呼び出し、彼の知恵を借りて、ある作戦を実行する。ジンジーの真意を知らないシンチェンは突然、冷遇されて戸惑っていた。その後、ジンジーに頼まれ、ある女性へのプレゼント選びを手伝うことになる。ジンジーとその女性の親しげな様子を目にしたシンチェンは心をかき乱されるが、女性から意外な事実を知らされるのだった。

  • 第7話

    ニエンから奪った写真をジンジーに見せられたシンチェンは、5年前にジンジーと交際していたことを認めるものの、プロポーズは拒んだとウソをつき、ジンジーを突き放す。翌日、ジンジーは会社に姿を見せず、社長決裁の必要なプロジェクトを前に、シンチェンたちは大わらわすることに。その夜、社長室の同僚が開いた送別会の席で、電話を受けたシンチェンはジンジーが病院に搬送されていたことを知り、急いで駆けつける。

  • 第8話

    シンチェンの自宅を訪れたユエンファンは、2人の親密な動画をわざとSNSに投稿してジンジーを怒らせる。ジンジーは泥酔して入院した時、シンチェンがこっそり自分にキスしていたことをズーユーの写真で知り、シンチェンはまだ気があると確信。ニエンから奪った5年前の写真を持って、レストランのオーナーに確かめに行く。そして5年前の出来事を知ったジンジーは、記憶を取り戻す手伝いをするようシンチェンに迫るが…。

  • 第9話

    シンチェンとジンジーの熱いキスを目にしたユエンファンは、自分に正直になれとシンチェンを励まし、アシストすることを決意。翌日、ジンジーがユエンファンに代わり、シンチェンの両親の観光案内をすることに。ジンジーは苦手なお酒を飲みながら、シンチェンの父親と親交を深めていく。そして明くる日、シンチェンが初恋で苦しんだことを偶然耳にする。シンチェンは真相を明かすようジンジーに迫られ、ついに重い口を開くのだった。

  • 第10話

    転職先の決まったシンチェンは、ジンジーと距離を置くため上海への赴任を決める。シンチェンが京海を離れることを知ったユエンファンは、人里離れた僻地へ行こうとしていると作り話をジンジーの耳に入れ、怒ったジンジーは転職話に裏からこっそりと手を回す。ジンジーとシンチェンのこじれた関係を知ったジンジーの母が、急にジンジーの自宅を訪ねてくる。そして母の口から、5年前に死んだ父親が残した意外な言葉を知ることに。

  • 第11話

    ジンジーによるロマンチックな愛の告白はシンチェンの心を深く打ち、2人はついに過去を乗り越え、復縁を果たす。翌日、ジンジーはシンチェンを首席秘書に復帰させ、彼女との関係をオープンにしようとしたが、仕事への影響を心配するシンチェンに止められ、秘密の恋愛をすることに。シンチェンを訪ねたユエンファンは復縁のことを知ると喜び、ハグをするが、そのことがゴシップネタとなり、ジンジーの怒りを買ってしまう。

  • 第12話

    シンチェンと復縁を果たしたジンジーは、片時も離れたくない。自分のマンションで同居することを思いつき、甘いセリフを考えたり、鍵を贈るサプライズを計画するなど、さまざまな方法でアプローチするが、いつも邪魔が入ってしまう。シンチェンの同僚トン・シンは、ズーユーと映画館でデートの約束をするが、すっぽかされてしまう。ズーユーが勤務する病院へ行ってみると、そこには美人医師と仲が良さそうなズーユーの姿があった。

  • 第13話

    同居作戦にことごとく失敗したジンジーは、シンチェンに手作りの料理を披露したあと、家の鍵を渡しながらシンプルに思いを伝えた。シンチェンの回答はイエス。その晩、2人は肌を重ね、甘い夜を過ごした。翌朝、ジンジーはどういうわけか病院を訪れる。実は思いも寄らぬことが起きていたのだ。そのせいでシンチェンは解雇の危機にさらされてしまう。何とか事態を打開しようとズーユーに助けを求めたが、彼もまた途方に暮れていた。

  • 第14話

    ジンジーを襲った思わぬ悲劇に打ちのめされたシンチェンだが、再び恋人関係に戻れるよう、開き直って作戦を練り始める。仕事人間のジンジーには、デキる女としてアプローチするのが最適だと考えるが、ジンジーに警戒されうまくいかない。そんな時、社員優待のマンションが入居可能との知らせが。ジンジーがサプライズで用意したものだったが、ジンジーの隣室と知ったシンチェンは作戦に活かせると喜び、その日のうちに引っ越しを強行する。

  • 第15話

    パーティーに出席したジンジーは、赫山の土地を所有するリャオ社長の関心を引くため、タンゴを踊ろうとしたが、秘書のジン・ベイナーが捻挫してしまう。そこで、ジンジーはシンチェンをパートナーに指名。2人は息の合ったタンゴを披露し、赫山の入札のチャンスを獲得する。タンゴの見返りとして社長室に復帰したシンチェンは赫山開発の担当となり、ジンジーの信頼を取り戻していく。だが突然、その信頼を突き崩す出来事が起こる。

  • 第16話

    ジンジーとシンチェンしか知らないはずの、赫山開発のアイデアが漏えいしたことで、シンチェンに産業スパイの疑惑がかかる。シンチェンの潔白を信用しきれないジンジーに対し、シンチェンは5日間の期限でリャオ社長との間に開発契約を結ぶと宣言する。何とかリャオ社長と会い、直接交渉しようと自宅を訪ねたシンチェンだが、そこで道に迷っている中年女性と遭遇。過去の記憶を失っているらしいその女性の口から、意外な話を耳にする。

  • 第17話

    ユエンファンがちょうどシンチェン宅にいた時、ジンジーが訪ねてきた。シンチェンは必死にその場を取り繕おうとしたが、ついに正体がバレてしまう。激怒したジンジーはシンチェンの話を聞こうともせず、翌朝もシンチェンが用意した朝食に目もくれない。落胆したまま出社したシンチェンは、スパイの疑いがまだ晴れていないとの理由で、会議中に追い出される。興奮したシンチェンは、好きな理由で自分をクビにするようジンジーに言い放つ。

  • 第18話

    スパイの疑いが晴れたシンチェンはジンジーと急接近。ひさびさに一緒に出勤する途中、開発区の建設現場で火災が起こったと急報を受けて駆けつけた2人だが、血まみれのケガ人を見たジンジーは過去の記憶がフラッシュバックする。その時、落下物からジンジーを守るためにシンチェンが飛び出し、そのまま病院へ搬送される。病院へ付き添ったジンジーは、ズーユーから自身の記憶喪失の原因について、恋愛感情との因果関係を聞かされるが…。

  • 第19話

    ジンジーはシンチェンを避けるために北京へ出張していたが、シンチェンがお見合いをすると知って気が気でない。そして急遽、京海へ戻り、お見合いを潰すことに成功。作戦どおりに事を運んだシンチェンは、5年前にプロポーズされたレストランに彼を連れていき、ある決断を伝えた。一方、息子の記憶喪失の原因を知ったジンジーの母は、京海に駆けつけた。シンチェンと話すうちに、ある過去がジンジーのトラウマになっているのではと考え始める。

  • 第20話

    シンチェンが交通事故を起こしたと聞き、ジンジーは慌てて病院へ駆けつける。疲労のため判断力を欠いたとズーユーに説明されたジンジーは、シンチェンが自分のせいで心身共に疲れ切っていると思い、2人の今後が不安に。すぐに記憶が戻りそうにないことを悲観し、シンチェンとの別れを決意する。シンチェンを諦めさせようと、ニエンとよりを戻した芝居をするジンジーだが、その態度の急変ぶりがシンチェンを深く傷つけることに。

  • 第21話

    ふとしたきっかけで5年前のことを全て思い出したジンジー。シンチェンとの甘い初恋が走馬灯のように駆け巡る。そして、あることを悟ったジンジーはシンチェンを必死に捜すが、どこにも見当たらない。ユエンファンを通じてシンチェンの居場所を知り、早速会いに行くが、別れを決意したシンチェンは心を閉ざす。そのうえ、シンチェンの傷心の理由がジンジーにあると察したシンチェンの父は、ジンジーに対して、ことさら冷たく当たる。

  • 第22話

    シンチェンの父から結婚の承諾をもらったジンジーは、意気揚々と京海へ戻る。ジンジーと別れてボージュエを退職したシンチェンも、復縁したことで再び社長秘書に戻ることとなった。大学の同級生の逆恨みによって美容整形前の写真をばらまかれたニエンは、ネットで激しい中傷を浴び、屋外では記者やファンから攻撃される。そこで身を挺してユエンを救ったユエンファンが、身を隠すため用意したホテルの一室で2人はキスを交わすことに。

  • 第23話

    サプライズ求婚をしようと考えたジンジーは、シンチェンがドリームビレッジに興味を持っていると知り、そこへ誘い出すが、あるハプニングにより歩いて行くことに。ジンジーはその道中、シンチェンの心を魅了した場所でプロポーズをする。その晩、2人は激しく抱き合ったが、ジンジーは記憶をなくす恐怖感から途中で突き放す。ジンジーの気持ちを知ったシンチェンはあえて、ハイリスク・ハイリターンの賭けをしようとジンジーを誘う。

  • 第24話 (最終話)

    無事に結婚式へとこぎ着けたジンジーとシンチェンは、社長室の仲間や親友たちの前で永遠の愛を誓う。女性達の輪から外れて花嫁のブーケトスを見ていたニエンに、ユエンファンはプロポーズするもののあっさり断られる。その後、ニエンへのプロポーズ失敗を繰り返すユエンファンは、シンチェンを食事に誘い出して相談するが、シンチェンは急に体調不良に。帰宅したシンチェンに話を聞いたジンジーは、妊娠ではないかと色めき立つ。

作品詳細

IQもEQもハイレベルで何でもこなすスーパー秘書のニエ・シンチェンはある日、上司から「空港に取引先の社長を出迎えてほしい」と急遽頼まれる。その取引先の社長というのはイエン・ジンジーという完璧主義の御曹司社長だった。実はジンジーとシンチェンは5年前に付き合っていたが、ある事をきっかけにジンジーは記憶を失ってしまった。ジンジーがシンチェンが恋人である記憶を失ってしまったため、2人の関係は消滅してしまったのだ。ジンジーはシンチェンが元恋人だと全く気づかず、彼女の仕事ぶりを気に入り、なんとか彼女を自分の秘書にしようと画策する。シンチェンは自分の事を忘れてしまっているジンジーと関わりたくなかったが、最終的に彼の秘書になることを受け入れる。ジンジーは一緒に過ごしているうちにシンチェンの記憶がだんだんと戻ってくるが・・・。

キャスト

ジャオ・ジーウェイ シュエン・ルー ワン・チエン リュウ・インジュン

スタッフ

[監督]ウー・チアン
(C) Jetsen Huashi Wangju(Changzhou)Cultural Media Co., Ltd.