無料あり
幻想神国記 運命の旅路
幻想神国記 運命の旅路
0ポイント~

幻想神国記 運命の旅路

『宮廷女官 若曦』シリーズや『宮廷の茗薇〈めいび〉』を手掛けた“天津唐人影視”が放つ注目作!!神々が死に絶え、混迷の時を迎えた神秘の大陸で、乱世の終結を誓う少年王と、神霊の力を秘めた少女の冒険が始まる!

2021年

字幕

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話

    火屠辛(かと・しん)と彼の妻・錦児(きんじ)は、焔熄壁(えんそくへき)を越えて禁忌の地へと足を踏み入れた。しかし、そこから戻ってきたのは、錦児が宿していた赤子――玲瓏(れいろう)と、火屠辛だけであった。16年後、美しい娘へと成長を遂げた玲瓏は、運命の日を迎えていた…。

  • 第2話

    「今日起きたことは、玲瓏(れいろう)に言うな」。火屠辛(かと・しん)は意識を失って倒れた娘を抱え、村の者たちにそう言い置くと、家へと戻っていった。一方、突然現れた若者が、宿川(しゅくせん)の王・元一(げん・いつ)だと知る由もない織火(しょくか)の族長たちは、彼を牢に閉じ込め…。

  • 第3話

    彼生柱(ひせいちゅう)は神主(しんじゅ)の力に反応して輝く。そして、神主の存在は宿川(しゅくせん)に平穏をもたらす鍵となる――そんな元一(げん・いつ)の言葉に心を動かされた玲瓏(れいろう)は、自分が神主なのかどうかを確かめるため、村を出て昭都(しょうと)へ向かう決意を固めるが…。

  • 第4話

    玲瓏(れいろう)が見せた奇妙な力と、謎の女・烏縁(う・えん)の機転で、火屠辛(かと・しん)たちは、骨蝕(こつしょく)の魔手から逃れることができた。火屠父娘と元一(げん・いつ)は赤方(せき・ほう)の協力を得て、大きな金魚のような形をした不思議な船・魚船へ、密かに乗り込むことに…。

  • 第5話

    火屠辛(かと・しん)は、密航者として空飛ぶ魚船から突き落とされてしまった。平江(へいこう)侯が追う者を伴えば我が主にも累が及ぶ――船主は冷酷にも、玲瓏(れいろう)の身を平江侯に引き渡すと言い放つのだった。「着陸して父を助けて」と叫ぶ玲瓏を見兼ねた元一(げん・いつ)は…。

  • 第6話

    「昭都(しょうと)には行かない」「玲瓏(れいろう)は私が連れていく」といがみ合う火屠辛(かと・しん)と元一(げん・いつ)。その場は「誰より父さんが大切よ」と口にした玲瓏だったが、昭都に行くという決心に変わりはない。どうやって父のもとを去るかを思案する玲瓏だったが…。

  • 第7話

    昭都(しょうと)での王宮暮らしが始まった玲瓏(れいろう)。同じ年頃の侍女たちと仲良くなろうと話しかけるが、当然そうもいかない。暇を持て余している彼女に対し、元一(げん・いつ)は都を案内しようと申し出るのだった。その時、天祈門(てんきもん)の葬儀を告げる鐘の音が響き…。

  • 第8話

    「絶対に道士を天祈墓(てんきぼ)に埋葬するわ」。緋天(ひ・てん)の秘めた胸の内を、偶然耳にした玲瓏(れいろう)は、そう誓うのだった。一方、老賈頭(ろう・かとう)の手引きで脱獄するはずだった火屠辛(かと・しん)は、決行の直前に平江(へいこう)侯・燭犀(しょく・さい)に見つかってしまい…。

  • 第9話

    緋天(ひ・てん)が手を尽くしたにもかかわらず、彼生(ひせい)の儀が行われることが、宿川(しゅくせん)全土に知れ渡ってしまった。神主(しんじゅ)として元一(げん・いつ)を支える覚悟であると告げる玲瓏(れいろう)。しかし、緋天が懸念する事態は、玲瓏の想像を超えていた…。

  • 第10話

    銀妝(ぎん・そう)に“正体”を知られてしまった微生硯(びせい・けん)。本性を露わにし、自分を屈服させようとする彼に対し、銀妝はしたたかにも妻となる条件を突きつけるのだった。一方、お尋ね者となってしまった火屠辛(かと・しん)は、鋳物師の老人のもとに身を寄せていたが…。

  • 第11話

    「君を娶る」と、あっさり言い放った元一(げん・いつ)。さすがの玲瓏(れいろう)も目を白黒させ、父さんが反対すると言い返すのがやっとだった。同じ頃、当の火屠辛(かと・しん)は烏煙(う・えん)の打ち明け話を聞いていた。なんと、烏縁(う・えん)は彼の実の孫ではないというのだ…。

  • 第12話

    娘を助けるという約束を果たすため、火屠辛(かと・しん)は老賈頭(ろう・かとう)の家へとやってきた。変わり果てた自らの姿を恥じて隠れ住んでいた老賈頭の娘は、火屠辛の来訪に脅えて錯乱し、殺してくれと迫るのだった。そんななか、銀妝(ぎん・そう)は烏煙(う・えん)に、ある依頼を…。

  • 第13話

    烏煙(う・えん)の工房に姿を現した銀霄(ぎん・しょう)は、火屠辛(かと・しん)のみならず、妹である銀妝(ぎん・そう)にまで殺気をみなぎらせて襲いかかってきた。烏煙に命じられるまま、彼の作った腕輪をはめる火屠辛と銀妝。それを軽くぶつけ合わせると、火屠辛に不思議な力が宿り…。

  • 第14話

    玲瓏(れいろう)を救うべく、魚船で昭都(しょうと)へ向かっていた火屠辛(かと・しん)たちは、レイ牙衛(れいがえい)に止められてしまった。その頃、玲瓏はすでに刑場へと引き出されていた。集まった人々を前に、堂々と言葉を発した彼女は、「私を殺して、茶番を終わらせなさい」と告げ…。

  • 第15話

    すべてはレイ牙衛(れいがえい)を昭都(しょうと)から引き離すための罠だった。そのことに気がついた烏縁(う・えん)に促され、火屠辛(かと・しん)たちが行動を起こすや否や、レイ牙衛の要塞は炎に包まれる。要塞は陥落し、レイ牙衛もほぼ全滅――その知らせが届いた昭都の王宮でも異変が…。

  • 第16話

    玲瓏(れいろう)たちは、織火(しょくか)へと逃げ延びる魚船の中で、燭犀(しょく・さい)と大祭司の腹の内を見極めようと論じ合っていた。同じ頃、昭都(しょうと)の王宮を制圧した燭犀は、必ずや元一(げん・いつ)を生きたまま連れ戻すよう、微生硯(びせい・けん)に命じ…。

  • 第17話

    烏縁(う・えん)に突き落とされ、銀妝(ぎん・そう)は人知れず、地火(ちか)の海へと消えた。しかし、何事もなかったかのように、彼女は玲瓏(れいろう)と元一(げん・いつ)の前に姿を現す。先ほどまでとは違う赤い衣を身にまとい、2人を静かに誘う銀妝。元一はその様子に不気味なものを感じ…。

  • 第18話

    遥かいにしえの時を生きた銀葭(ぎん・か)――その女性の記憶を、玲瓏(れいろう)は見ていた。銀葭の想い人である火屠克(かと・こく)との甘い日々、そして彼が地火(ちか)の元凶であるという濡れ衣を着せられ、処刑される様を。目覚めた玲瓏は、銀葭の復讐を止めようと説得を試みるが…。

  • 第19話

    元一(げん・いつ)を助けるため、首飾りの石を砕いた玲瓏(れいろう)は意識を失ってしまった。二度と玲瓏に近づくなと言い放つ火屠辛(かと・しん)。一方の元一は、「神主(しんじゅ)になったら私が必要だ」と一歩も引かずに答えるのだった。そんななか、3人に異能の者が忍び寄り…。

  • 第20話

    昭都(しょうと)を逃れた王・元一(げん・いつ)はどこへ消えたのか。西粛(せいしゅく)侯をはじめとする諸侯が、王との謁見を望んでいる今、燭犀(しょく・さい)と大祭司にとって最優先の課題は、元一を発見することであった。そんななか、突如王宮に現れた銀霄(ぎん・しょう)は…。

作品詳細

火屠辛(かと・しん)と彼の妻・錦児(きんじ)は、エン熄(えんそく)壁を越えて禁忌の地へと足を踏み入れた。しかし、そこから戻ってきたのは、錦児が宿していた赤子――玲瓏(れいろう)と、火屠辛だけだった。16年後、美しい娘へと成長を遂げた玲瓏は、運命の日を迎えていた。今日は、通山(つうさん)組に入る資格があるかどうかが試される日。この試練を突破した者でないと、エン熄壁は越えられないのだという。母が今も生きていると信じる玲瓏にとって、試練を乗り越えることは、母との再会という夢がかなうことを意味していた…。

キャスト

チャオ・ジンマイ ユエン・ホン リン・イー ツァイ・ウェンジン シン・ユンライ チェン・ユースー トゥー・ナン チェン・ユーアン ゾン・リー

スタッフ

[オリジナルストーリー・脚本・総監督]シュー・イーミン[監督]シー・レイ/ジュオ・ウェイシュー[脚本]ユー・シウティン/ジャオ・ジュエン[撮影監督]ウェン・シアオ[編集]シュー・ウェイクワン[アクション監督]リー・インフイ[美術監督]シン・ハン[音楽]レイモンド・ウォン[スタイリングコンサルタント]シャーリー・チャン[メイク]ホァン・イージン

関連キーワード

アジア作品
(C) Chinese Entertainment Tianjin Ltd.