レディ・チャタレー
330ポイント~

レディ・チャタレー

20世紀最高の性愛文学『チャタレイ夫人の恋人』完全映画化!性は賜物、無限の慰め。枯渇した生命の泉がよみがえる。

2006年 135分 R15

字幕 吹替

予告編

作品詳細

1921年第一次世界大戦直後のイギリス中部の村。戦争で下半身不随となったクリフォード・チャタレー卿と暮らす妻のコンスタンスは、夫と体の触れ合いも心の結びつきもなく息のつまる生活を送っていた。そんな中彼女は、チャタレー卿に雇われている森の猟番パーキンと出会う。一見、無骨ではあるが気高く孤独な心を持つ彼に自分の孤独を重ね合わせたコンスタンスは猟番の小屋に通うようになり、いつしか2人の乾いた心と身体は互いを強く求めあうようになる。それはコンスタンスにとって官能の喜びへの緩慢な目覚めであった。

キャスト

マリナ・ハンズ ジャン=ルイ・クロック イポリット・ジラルド エレーヌ・アレクサンドリディス

スタッフ

[監督]パスカル・フェラン[脚本]ロジェ・ボーボ/パスカル・フェラン[音楽]ベアトリス・ティリエ[撮影監督]ジュリアン・ハーシュ

(C) Maia Film-Saga Films-Atre France Visa d'exploitation n°110 132-Depot legal 2006 Tous droids reserves

関連作品

  • 私が熟れた季節
  • 堕ちた果実
  • 真夏の誘惑
  • 愛欲の街角
  • 不倫する理由
  • 愛欲の渦
  • 罪と女王
  • セックス&タブー
  • 愛欲のセラピー
  • 多重不倫
  • わがままなヴァカンス 裸の女神
  • 不実な女と官能詩人