クランクイン!ビデオ クランクイン!ビデオ

孤独のグルメ Season10
孤独のグルメ Season10
330ポイント~

孤独のグルメ Season10

俺の胃袋に限界なし!秋の食欲が五郎を満たす!テレビ東京が誇る深夜グルメドラマの金字塔

2022年 12話

予告編

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 神奈川県相模原市橋本の牛肉のスタミナ炒めとネギ玉

    JR横浜線と京王相模原線が通る駅「橋本」。仕事でこの地を訪れた五郎(松重豊)は喫茶店で、依頼人である高原良樹(田渕章裕)にアンティークの置時計を紹介するが、喋り出したら止まらない高原の性格に圧倒され、商談が進まず困り果ててしまう。終いには、高原に自社イチオシの商品を実演販売され、思わず買うことに…。疲れ果てた五郎だったが、それでも腹は減る。そんな時、遠くに食堂と書かれた大きな看板を発見する。五郎は、足早に高原のもとを後にし、食堂へ向かうことに。大体の方向と方角を頼りに食堂を探す五郎。ようやく射程圏内に看板を見つけ、いざ食堂の前に立つと“横綱”と言わんばかりの貫録のある雰囲気に、五郎の鼓動は高まり、腹の虫は色めき立つ。胸を借りる気持ちで食堂に入るとそこにはお店に垂れ下がる数々の短冊メニューが…!王道の定食から中華まで。今宵、五郎のお腹を満たす料理は如何に!

  • 第2話 東京都港区白金台のルンダンとナシゴレン

    白金台のプラネタリウムバー。店長の細田(山崎まさよし)が熱心に星空を解説している中、日頃の疲れから睡魔と必死に戦っていた五郎(松重豊)だったが敗北、寝てしまう。目が覚め、細田から眠気覚ましのコーヒーをもらい、今回の商談を始めるが、細田の要望の数々に寝起きで頭が働かない五郎は必死にメモを取るが困惑。商談後、気分転換にと公園で歴史散歩をしながらくつろぐ五郎だが、気が付くとお腹はすっかり空っぽだった。お店を探すため歩き出すが、高級住宅街である「白金台」は手強く、飲食店の気配はゼロ。“シロガネーゼ”は一体どこでご飯を食べているのか…。空腹の限界と戦いながら再び歩き出す五郎。すると目の前に“インドネシア料理”と書かれた看板を発見する。知っているのはナシゴレンだけ、一か八かの大勝負とでいざ入店!そこで待つお店自慢のインドネシア料理とは。

  • 第3話 神奈川県横浜市桜木町の真鯛のソテーオーロラソースとまぐろのユッケどんぶり

    神奈川県横浜市「桜木町」。みなとみらいの運河が見えるベンチで鮫島京子(星野真里)が深刻な顔をしている。彼氏との関係に悩んでいるようで五郎(松重豊)もコーヒー片手に話を聞くが、女心がわかっていない!と一蹴されてしまう。仕事だからとその場を立ち去り、商談相手の矢沢友江(宍戸美和公)のもとへ。依頼されたブローチをいくつか見せるが、どれが良いか決め兼ねていた矢沢をフォローできず、ここでも女心が分かっていないと言われる始末に…。慣れない対応の連続で腹が減り、お店を探すことにした五郎。すると、駅前に可愛らしい手書きのメニューPOPが立ち並ぶキッチンカフェを発見。電光石火の如き速さで、迷うことなくお店に入ると、そこにはパワフルな女性店主=姉さん(真矢ミキ)が毎朝市場で取り寄せた新鮮な魚を使って提供する手料理の数々が…。お腹が空くシアワセを噛みしめながら、五郎が注文した姉さん自慢の手料理とは。

  • 第4話 東京都練馬区大泉学園のサザエとキノコのプロヴァンス風と牛タンシチューのオムライス

    東京都練馬区「大泉学園」。駅からバスを乗り継いで商談相手である原田洋一(えなりかずき)が勤めるケアハウスへ。妻へのプレゼント用にアンティークのジュエリーボックスが欲しいとのことで、いくつかピックアップした商品を見せるが、原田が希望した商品は予算オーバーだった。しかし、自分の家族や子どもの写真を見せて執拗に交渉する原田に気圧され、五郎(松重豊)はしぶしぶ了承するのだった。商談を終えてぐーっと背筋を伸ばすと急に腹が減り、いつものように足早にお店を探すことに。住宅街という名の“ハングリーロード”をひたすら歩くが、お店の気配は皆無…。空腹で絶望しかけた時、一軒の洋食屋さんを発見!駆け込みでお店に入る五郎。定番の洋食メニューとおすすめメニューを店員・奥さん(相田翔子)に聞き自分だけのコースメニューを考えることに。スープ料理にアラカルト、そしてメインディッシュ。洋食オールスターズから厳選した五郎オリジナルのコースメニューとは。

  • 第5話 千葉県柏市鷲野谷のネギレバ炒と鶏皮餃子

    のどかな田園風景が広がる千葉県柏市。依頼人である吉川将吾(中田圭祐)の案内でこの地を訪れ、吉川の祖母(加藤美智子)の希望でインテリアや雑貨を提案しに来た五郎(松重豊)。商談を終え、吉川の家を後にした五郎は田んぼ道を抜けて駐車場へ。そこには、去年の暮れ京都から東京の長旅を共に過ごした“小さな相棒”の姿が!五郎はオーナーの竹内(平原テツ)の海外赴任をきっかけに愛車を譲り受けていたのだ。色々あった旅路を思い返しながら腹が減った五郎はエンジンをかけ、再会した相棒と共に今日も食の探求へ。しばらく走っていると、木で隠れていたお店の立看板を発見する。小道に入っていくとそこには、年季が入った暖簾の渋い外観のお店が…!いざ入店すると、王道食堂飯の数々が名を連ね、訪れた客が長い時間をかけて浸食したグランドキャニオンの風合いの食卓と店内の雰囲気に期待も高まる。招き猫の導きもあり、悩み抜いた末に五郎が選んだ今宵の料理とは。

  • 第6話 岐阜県下呂市のとんちゃんとけいちゃん

    岐阜県「下呂市」。いつもの鞄と東京土産を片手に高山線上呂駅の趣きある駅舎の前に立つ五郎(松重豊)。同級生の佐野に頼まれ、自身が校長を務める中学校での講義の依頼を引き受ける。佐野とは同窓会以来、実に25年ぶりの再会で思い出話に花が咲く。緊張の中、無事講義が終わり、ホッと一息ついた途端、急に腹が減りいつもの如く店探しへ。だが電車が全然無く、隣町の下呂の温泉街へ行けず、近くでお店を探すことに。すると国道沿いに無茶苦茶ナイスな佇まいの「大衆食堂」を見つけ、思わずガッツポーズする五郎。お店の看板に期待が膨らみ、さっそく店内へ。名物メニューが立ち並ぶ中、常連客の様子を見つつもお店初心者の五郎は、豚か鳥かお店自慢の肉料理と向き合うことに。岐阜に来て、飯を食って、自分が日本人であることを美味しく懐かしく思い出した五郎が堪能した、どんな料理とも似て非なる唯一無二の名物料理とは。

  • 第7話 東京都渋谷区笹塚のふうちゃんぷるととまとカレーつけそば

    渋谷区「笹塚」。ゴルフのティーチングプロである石井隆史(飯塚悟志)の依頼でオーダーメイドのゴルフバッグの商談をしに来た五郎(松重豊)。レッスン生たちの指導に夢中な石井は、商談中にも生徒たちが気になり全く話が進まない。何とかデザイン案を送ることで合意したが、商談後に体格の良さから五郎もゴルフに誘われそうになり隙をみて何とか逃げ切る。あのままレッスンを受けていたら遅くまで・・・と思うと腹が減り、お店を探すことに。駅前まで戻る道中で手打ちそばうどんの文字が!お店の面構えと無駄を削ぎ落したシンプルな看板に期待感を感じた五郎はいざ店内へ。沖縄色満載な雰囲気とお店の装飾。メニューや産地情報は様々で、ルーツが見えず食の揺さぶりをかけられる五郎。果ては南から北までダイナミックな料理の数々が並ぶ摩訶不思議な蕎麦屋で五郎が選んだ今宵の料理とは。

  • 第8話 富山県富山市のかに面おでんと海鮮とろろ丼

    立山連峰を望める富山県「富山市」。廻船問屋群が立ち並ぶ風情ある街並みの中、商談相手である大槻萌(渡邉美穂)のお店へ向かう五郎(松重豊)。大槻は五郎の30年来の友人である滝山(村田雄浩)の姪。五郎は、富山の地でお店を開業することが夢であった大槻にお店のプランを熱心にプレゼンテーションされ感心する。レトロな路面電車に乗り景色を楽しんでいると腹が減り、電車から降りてお店を探すことに。ブリにホタルイカ、ます寿司と富山名物を思い浮かべながら探すが、お目当てのお店は中々見つからない。そんな時、暖簾と提灯を発見する。そこには「刺身各種」、「おでん」など、実によろしい文字が記載された看板が。富山の地魚や初めて聞く料理名の数々に興味津々の五郎。一人客にも優しい雰囲気に、一か月くらい富山に住みたくなった五郎が酔いしれた懐深い富山飯とは。

  • 第9話 東京都荒川区日暮里の酢豚とチャムチャ麺

    荒川区「日暮里」。「布の街、布の道」と書かれた旗を横目に通りを歩く五郎(松重豊)。立ち並ぶ繊維問屋街を進み、今回の商談相手である増田(入山法子)の元へ。依頼品である“ネクタイピン”を見せると、イメージにぴったりと喜ぶ増田。そして、自身が担当する映画の主演役者と五郎の背丈が似ているとのことで、衣装合わせの代役も五郎にお願いすることに。最初は困惑したが、誉め言葉の連発でどこかまんざらでもない様子だったが…。慣れないことをした五郎は、腹が減りお店探しへ。腹にジャジャーン!と響くお店を目当てに探し歩いていると、「韓国式中華料理」の看板を発見する。堂々たる文字で書かれたお店の名前とメニューの写真、まさに求めていたお店と言わんばかりに大きく頷き、入店する。メニューの多さに注文に難航した五郎が注文した大満足の料理とは。

  • 第10話 神奈川県川崎市中原区の豚肉腸粉と雲呑麺

    神奈川県川崎市「元住吉」。久々にこの地を訪れた五郎(松重豊)。移りゆく街並みを感じつつ今回の商談相手である「スナック幸」のママ・幸代(馬場園梓)のお店へ。陽気なママのペースに終始飲まれつつも予想に反してすんなり商談が成立。“腹が減った”と今日もお店探しの旅路へ。強めなモノを腹に入れたい気分と、商店街を歩きながらお店を探す五郎。すると、外観が補修工事中で一度は見落としていたが独特な字体で書かれた名前のお店を発見する。立て看板に刻まれた“本気”の文字にその本気、拝見しようといざ店内へ。20種類以上もあるこだわりの中国茶に激レア食材を使った料理まで、謎メニューのしぶきで目が開いてられないほど五郎の脳内は混線状態…。五郎に中華の神髄に辿り着くのには、四千年くらいかかると言わしめたお店自慢の本気料理とは。

  • 第11話 千葉県旭市の塩わさびの豚ロースソテー

    千葉県「旭市」。昭和の下町情緒を残す風景を眺めながら、商談先である市役所へ向かう五郎(松重豊)。職員の中田咲子(祷キララ)に出迎えられ、地元民が文化活動を自由に楽しめるギャラリーのトータルコーディネートを依頼される。帰り際、旭市が豚の産出額で日本第2位であるとの情報を告げられる。”豚”というワードを聞き、すっかり豚腹気分に。お店を探し歩いていると、蔦に隠れたお店の看板を発見。暗めの照明に渋すぎる外観。マスター(諏訪太朗)と常連客たちが過ごしてきた和やかな時間の歴史を感じる五郎。歴史を象徴する年季の入ったメニューをめくると、お目当ての「豚肉料理」を発見!味のバリエーションの豊富さと、豚肉料理とタメを張れる逸品料理の数々。一筋縄ではいかないメニューの中で、五郎が”衝撃的な味“と絶賛したマスター渾身のお宝料理とは?

  • 第12話 (最終話) 東京都千代田区麹町のイタリア食堂のミートローフ

    いつもの鞄を持ち、商談先へ。施工会社のオフィスで、旧知の社長である永井健太(黒田大輔)と打ち合わせをする五郎(松重豊)。仕事が終わり麹町のオフィス街を歩いていると、ランチに行くサラリーマンたちがこぞってオフィスから出てくる。腹が減った五郎はお店を探しに麹町ランチレースに参戦。いい感じのイタリア料理店を発見し入店する五郎。昭和男が思わず反応してしまうメニューの数々。“久しぶりの味と懐かしの旨さ”に思わず笑みをこぼしながら、イタリアンの本気を堪能した五郎のクリスマスランチとは。数日後、2022年の仕事納めと「築地」の商談相手である小林洋(岩松了)のもとへ。小林から無茶ぶりな依頼を相談され、しぶしぶ依頼を引き受けることに…。呆然とした表情で、小さな相棒と共にゆっくりと走り出していく五郎。果たしてその行き先とは…。

作品詳細

遂にシーズン10!松重豊演じる井之頭五郎は何を食べるのか?!「俺の胃袋に限界なし!秋の食欲が五郎を満たす!」テレビ東京が誇るグルメドラマの金字塔が帰ってきます。

キャスト

松重豊

スタッフ

[原作]久住昌之/谷口ジロー[脚本]田口佳宏/児玉頼子[演出]井川尊史/北畑龍一/佐々木豪/中山大暉[音楽]久住昌之/ザ・スクリーントーンズ[チーフプロデューサー]祖父江里奈[プロデューサー]小松幸敏/吉見健士/北尾賢人[制作協力]共同テレビジョン[製作著作]テレビ東京
(C)2022久住昌之・谷口ジロー・fusosha/テレビ東京

シリーズ作品

  • 孤独のグルメ 2023大晦日スペシャル 井之頭五郎、南へ逃避行『探さないでください。』
  • 孤独のグルメ 2022大晦日スペシャル 年忘れ、食の格闘技。カニの使いはあらたいへん。
  • 孤独のグルメ 2021大晦日スペシャル~激走!絶景絶品・年忘れロードムービー~
  • 孤独のグルメ Season9
  • 孤独のグルメ 2020大晦日スペシャル~俺の食事に密はない、孤独の花火大作戦!~