クランクイン!ビデオ クランクイン!ビデオ

ウソ婚
ウソ婚
コンテンツの視聴期間によってはすでに販売が終了している場合がございます。
220ポイント~ あと2日で配信終了

ウソ婚

ウソだらけの世の中で、どんなホントに会うか。

2023年

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 初恋相手にウソ妻バイトを依頼

    夏目匠(菊池風磨)はやり手の一級建築士。仕事の腕はもちろん、容姿端麗、都内のタワマン暮らしとあって、女性から引く手あまたな、自他ともに認める超モテ男。しかし、その左手薬指には結婚指輪が光っていて…。ある日、大事な取引先の社長からパーティーに妻同伴で出席するよう迫られ、頭を抱える匠。実は、既婚者というのは真っ赤なウソ。仕事仲間の進藤将暉(渡辺翔太)をはじめ、これまで何とか周囲からの架空妻への追及をかわしてきたものの、そろそろ限界を感じていた。するとその矢先、匠は雨の中を走ってきた一人の女性が目の前で派手に転ぶところに出くわす。「大丈夫?」差し出した傘の下で顔を上げた女性を見て、匠は思わず息をのむ。それは偶然にも、幼いころひそかに思いを寄せていた、幼なじみの千堂八重(長濱ねる)だった。

  • 第2話 初恋のライバルは最強の幼なじみ

    夫婦を演じることになった匠(菊池風磨)と八重(長濱ねる)。八重に恋心を抱き、20年にわたり初恋をこじらせていた匠は、一緒に暮らし始めた幸せをかみしめていた。一方で、もう一人の幼なじみ・吉田健斗(黒羽麻璃央)のことを思い出して―。ドSな匠とは反対に、健斗は少女漫画から飛び出してきた王子様のようなキャラクター。匠にとって唯一勝てない相手でもあり、八重を幸せにするのは健斗しかいないと身を引いていた。ところがある日、健斗は「八重をよろしく」と言い残してシンガポールへ引っ越してしまう。以来、健斗より優秀な男になって八重を迎えに行こうと努力を重ね、ついに建築家として独り立ちした匠。揺るぎない自信を胸に、積もり積もった思いを伝えるべく八重の元へ急ぐが、すでにその隣には恋人と思わしき男の姿があり…。

  • 第3話 ウソ妻デビューは波乱の予感!?

    八重(長濱ねる)とのウソ婚生活をスタートさせた匠(菊池風磨)は改めて八重にミッションを説明。二木谷(鶴見辰吾)の誕生日パーティーに夫婦で出席するべく、妻として恥ずかしくないマナーを身につけるよう指示する。さらに、かつて渡しそびれた結婚指輪を夫婦の証として八重に手渡すと、それを受け取った八重は…。パーティー当日、八重は慣れない社交場を前に緊張はピークに。しかし、匠の言葉に背中を押され、ウソの夫婦として一歩を踏み出す。案の定、会場では匠の妻が姿を見せたとあって八重に注目が集まる。しかし、八重があまりに素朴なことから、女性客の視線はどこか冷ややか。とりわけ、二木谷の娘・レミ(トリンドル玲奈)は八重に敵意を抱く。反対に、匠の仕事仲間の進藤(渡辺翔太)は無邪気な笑顔で八重に歩み寄り…。

  • 第4話 近づく2人の距離…親友の秘密

    匠(菊池風磨)と八重(長濱ねる)の結婚が偽装ではないかと怪しんだ進藤(渡辺翔太)が、マンションに遊びにくることに。しかし、八重が匠と暮らし始めたのはつい最近で部屋には夫婦2人による生活感がまったくない。勘が鋭い進藤に警戒した匠は、八重が以前から住んでいたように見せかけようとするが…。その翌日、2人の愛の巣へ向かう進藤は、匠と出会った頃のことを思い出していた。輝かしい経歴と才能を持ち、華やかな世界で、周囲の派手な人間たちとはどこか違う雰囲気の匠にひかれた進藤。匠の一番近くにいる存在になりたいと思うようになり、2人は仕事を通して唯一無二のパートナーになる。ところがある晩、匠に呼び出された進藤が待ち合わせ場所へ向かうと、匠の左手薬指にはキラリと光る指輪が。その瞬間、進藤の中で何かが崩れ落ち…。

  • 第5話 初恋を告白!結婚を疑う親友

    進藤(渡辺翔太)が匠(菊池風磨)と八重(長濱ねる)のマンションにやって来た。八重は、何を聞かれても答えられるよう、匠が作り上げたウソの情報を頭にたたき込むが、それでもいざ進藤を前にすると動揺を隠せない。匠もまた落ち着かず、いつになくじょう舌になってしまう。進藤の携帯には、レミ(トリンドル玲奈)から居ても立ってもいられない様子で電話がかかってきて…。八重の本性を見定め、匠の結婚が本当かどうか確かめにきたはずが、純粋で飾らない八重と接するうち、気づけば心を許し、あやうく胸の奥に秘めていた思いまで吐露しそうになる進藤。何とか普段どおり振る舞おうとする進藤は、2人のなれ初めを尋ねる。すると、答えに困る八重に対し、匠が衝撃の発言を…!その言葉は、進藤はもちろん、八重をも驚かせるものだった。

  • 第6話 核心に迫る刺客…お泊まり旅行

    匠(菊池風磨)の元上司で、ドバイを拠点に活躍する実業家・新田淳(橋本淳)が帰国した。レミ(トリンドル玲奈)から、匠と八重(長濱ねる)が新婚旅行で訪れたドバイの写真を見せられた淳は、その写真がフェイクだと気づく。2人の新婚旅行がウソだと知ったレミは怒り心頭。淳に諭されるも納得がいかない。翌日、淳は真意を探るべく、嫌がる匠を押し切って夏目家にまで押しかけ、八重と初対面を果たす。そして、さも2人の結婚がウソであることを知っているかのような口ぶりで、八重に揺さぶりをかける。しばらくして、匠が設計したグランピングリゾートのプレオープンが行われ、匠と八重はコテージに宿泊することに。匠の会社のスタッフから社長夫人として扱われることに恐縮しっぱなしの八重。するとそこへレミがさっそうと現れて…。

  • 第7話 グランピングで急接近!社長令嬢の奇跡

    匠(菊池風磨)が設計したグランピングリゾートを訪れた八重(長濱ねる)は、豪華なコテージに感激するも、初めて同室で一夜を過ごすとあってどこかぎこちない。 一方レミ(トリンドル玲奈)は、匠の部下たちが八重をチヤホヤすることにいら立ちを募らせていた。公私ともに匠の最良のパートナーは自分だと自負してきたレミは、匠が自分とは真逆のタイプの八重を妻に選び、今まで見たことのない優しいまなざしを向けていることに我慢ができなくなり…。その晩、コテージに戻った匠は、グランピングリゾート最大のこだわりともいえる、ある仕掛けを八重に見せる。さらに、半年後のクリスマスイブにもう一度来たいと八重を誘う。八重が戸惑っていると、レミから部屋のシャワーが出なくて困っていると電話がかかってくる。匠がレミの部屋に向かうと…。

  • 第8話 幼なじみから恋人へ?ライバル帰国

    「初恋だから、八重は」―その言葉に八重(長濱ねる)は、それまでただの幼なじみだった匠(菊池風磨)を妙に意識してしまい、ドキドキするようになる。しかし、これはウソ婚だと自分に言い聞かせる。一方の匠は、グランピングで八重がクリスマスイブの約束を受け入れてくれたことを思い返し、ウソ婚の契約が終わっても八重と一緒にいられるという喜びをかみしめていた。一方で、八重がいまだに自分を“雇用主”として見ている気配を感じていて…。そんななか、2人は二木谷(鶴見辰吾)から食事に誘われる。会食後、店の外で八重を待っていた匠に、ある人物が声をかける。それは、10年前にシンガポールに旅立った健斗(黒羽麻璃央)だった。匠が驚きのあまり言葉を失っていると、そこへ八重が戻ってきて、2人が結婚したことを知った健斗は…。

  • 第9話 立ちはだかるライバルの壁…元カノ登場

    10年ぶりに再会した健斗(黒羽麻璃央)は大手企業で出世街道まっしぐら、性格も相変わらず超スマートで、匠(菊池風磨)は焦りを感じる。さらに、八重(長濱ねる)の初恋相手が健斗だと思っている匠は、恋心も再燃するのではないかと不安を募らせていた。そんななか、グランピングリゾートの記事が掲載され、結婚指輪をつけた匠と八重の写真が話題になる。匠は記事がきっかけで、八重とのウソ婚を真実にできるのではないかともくろむが、そんな思いとは裏腹に記事はある女性の目にとまり…。時を同じくして、匠は健斗を紹介してほしいというレミ(トリンドル玲奈)の願いを聞き入れホームパーティーを企画するが、匠は急な仕事で不参加に。夜、匠がやっとの思いで家に帰ると、八重の手首には匠がずっと渡したかったブレスレットが光っていて―

  • 第10話 ウソ婚に終止符!?元カノと対峙

    匠(菊池風磨)の元カノ・紗智(中村ゆりか)が別れたあとも匠を思い続けてきたことを知った八重(長濱ねる)は、自分が匠の隣にいることに罪悪感を抱く。さらに、ウソ婚が紗智を傷つけていると思い、紗智にあることを告げる。そんな八重の異変に気づいた匠は、家に“誰か”が来たことを察知し、八重が急によそよそしくなったことと関係があるとにらむ。さらに、楽しみにしていたクリスマスイブの約束まで断られ、匠は激しく落ち込む。その矢先、健斗(黒羽麻璃央)と会った匠は、健斗がある思惑を抱いて帰国したことを知る。さらに、八重が自分の幸せそっちのけで誰かに一生を捧げることを危惧していたからこそ、八重が自分の意志で匠を選び結婚してよかったと笑顔を見せる―が、その言葉はウソ婚という形で八重を妻にした匠に重くのしかかる。

  • 第11話 狂い始めた2人の歯車…20年越しの想い

    「俺はお前と結婚したい」―。隠し続けてきた本心を打ち明け、八重(長濱ねる)に思いを伝えた匠(菊池風磨)。意を決しての告白だったが、八重の答えはまさかのNO。その答えが八重の本心だと信じたくない匠は、八重がひた隠しにする“ウソ”の正体を確かめようと、元カノ・紗智(中村ゆりか)に電話をかける。待ちに待った匠からの連絡だったが、匠は今も変わらず八重を思い続けていて、自分に振り向いてくれることはないのだと打ちのめされる紗智。そして、匠が最も聞きたくなかった言葉を告げる。紗智の一言によって、一番大切な人にウソをつかせ、この先の幸せをも奪うところだったと気づいた匠は、自分の独りよがりなウソに付き合わせたことを八重に謝る。そして、涙があふれうまく言葉が出ない八重の薬指からそっと指輪を抜いて…。

  • 第12話 (最終話) 叶えたいホントの愛

    匠(菊池風磨)のマンションを出た八重(長濱ねる)は、紗智(中村ゆりか)に結婚がウソだと教えたことを後悔していた。それこそが、匠に別れを切り出された理由だと思い込み自分を責める八重に、健斗(黒羽麻璃央)はあることを告げて…。一方で、行方が分からなかった匠と会った健斗は、いまだに「八重の王子様はお前だ」と言い張る匠に本音をぽろり。そして、どこか匠を挑発するように八重を赴任先のアフリカへ連れて行くと宣言。それはつまり、八重と結婚するということ。そのうえ進藤(渡辺翔太)の計らいで、2人は匠が設計した結婚式場で挙式するという。結婚式当日、八重が幼い頃に描いたお姫様の絵を見つめていた匠は…。奇跡の再会を果たし、八重と始めたウソ婚生活。不器用ながらも一途に八重を思う匠の初恋の行方は―。

作品詳細

超モテ敏腕建築士の主人公・匠が再会した幼なじみの八重に依頼したのはまさかの半年限定の“ウソの結婚相手”アルバイト!ウソ婚は初恋の再スタート!?ホントの愛をかなえるため不器用ながらひたむきに奮闘する姿を描いたウソから始まるラブコメディー!

スタッフ

[原作]時名きうい[脚本]蛭田直美[音楽]岩本裕司[主題歌]Sexy Zone[プロデューサー]岡光寛子/島本講太/芳川茜[監督]山口健人/木村真人[制作協力]共同テレビ[制作著作]カンテレ ジェイ・ストーム

関連キーワード

コミック関連作品
(C)時名きうい・講談社/カンテレ/ジェイ・ストーム