新作
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 ファイナルシーズン
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 ファイナルシーズン
220ポイント~

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 ファイナルシーズン

因縁の最終決戦!BAUよ、永遠に―。

2020年 10話

字幕 吹替

  • エピソード
  • 作品詳細
  • 第1話 皮を剥ぐ男

    ワシントンDC近郊のメリーランド州ボルティモアで、胴体の皮を剥がれた男性の身元不明遺体が見つかる。ロッシは半年前から追っている連続殺人犯エヴァレット・リンチの犯行だと主張するが、ほかのBAUのメンバーたちは被害者像も手口も異なるため戸惑いを隠せない。そんな中、ボルティモアで新たな被害者が見つかり、リンチがターゲットの物色に使っていたのと同じデートサイトの利用者だったことが判明する…。

  • 第2話 目覚め

    JJを撃ったグレイスは父エヴァレット・リンチとともに逃走する。迫るFBIに危機感を抱いたエヴァレットは、逃走資金を用意していた隠れ家を捨てて分かれて逃げようと言う。しかし父を慕うグレイスはかたくなに拒否。役に立つ共犯者であることを証明するため、寄宿学校の同級生シャーロットを呼び出して残虐な方法で現金を奪う。一方、JJは手術が成功して一命を取り留める。そんなJJに向かいリードはある告白をするが…。

  • 第3話 復讐のアルバム

    テネシー州メンフィス。シングルマザーのロンダ・カークマンが娘とともに差出人不明の小包を開け、中のアルバムを開いた瞬間に爆発して親子は重傷を負う。これはオハイオ州とケンタッキー州で起きていた同様の爆弾事件の3件目だった。BAUは最優先案件として捜査に乗り出す。3件の被害者には共通点も接点も見つからない。だがロンダの両親の話から、被害者の家族のもとに葬儀の招待状が送られていたことが判明し…。

  • 第4話 忙しい土曜日

    事件がなく、全員オフの土曜日。職場で殺人鬼に襲われる悪夢に悩まされているリードは、カウンセラーから普通の人と普通の会話をするよう勧められる。どうしていいか分からず訪れた公園で、サミーという少年とその叔母マックスと知り合う。一方、シモンズ宅でベビーベッドの組み立てに参加したプレンティスは、突然訴状を受け取りオフィスへ。待っていたのはFBIに狙われているという妄想に取り付かれていた元隣人だった……。

  • 第5話 狙われた兄弟

    イリノイ州デスプレーンズで銃による狙撃事件が発生。犯行場所や被害者像は15年前にBAUが解決した事件に酷似していた。当時部下を失った警察署長のワイガートは、同じ悲劇を繰り返したくない。今回の事件は複数犯によるものだと判明するが、模倣による犯行は警察をおびき出す罠ではと疑われる。そんな折、現場に向かうワイガートを後方から見守っていたFBI車両が襲われ、中にいたアルヴェスとシモンズが拉致され……。

  • 第6話 デートの夜に

    3回目のコーヒー・デートで初めてマックスを自室に入れるリード。だが、ぎこちなさがほぐれかけたころにプレンティスからの緊急呼び出しがかかってしまう。起こったのは犯人も被害者も身元不明の誘拐事件。犯人は「キャット・アダムズの24時間以内の釈放」を要求していた。BAUへ移送されたキャットは事件の情報提供の交換条件としてリードとデートすることを要求、プレンティスの命令でリードは渋々承諾し……。

  • 第7話 シュレーディンガーの猫

    プレンティスの恋人アンドリュー・メンドーサが支局長を務めるFBIデンバー支局から、BAUに連続殺人事件の協力依頼が寄せられる。30~40代の父親的な立場の男性がおので首を切り落とされる事件で、3件目の犯行。首は見つかっておらず、彼らの胸にはシュレーディンガーの方程式の一部が。犯人は「おまえたちが知っていることは全部違う」という謎のビデオメッセージを残す。やがて4人目の被害者が発見され…。

  • 第8話 ファミリー・ツリー

    FBI長官就任を突然打診されるプレンティス、何年も前に希望していたニューオーリンズ支局への異動が突然可能になるJJ。BAUに訪れた変化の兆しにガルシアは不安を募らせる。そんな折、テキサス州ボーモントで連続殺人事件が発生した。被害者は白い布で包まれて埋められた売春婦とゴミのように捨てられた50代の男性で、犯人は被害者の遺留品と犯行声明のようなテープを警察に送り付け「止めてくれ」と訴え…。

  • 第9話 悪魔の血

    プレンティスはFBIの次期長官候補に上がっていることをJJに話し、昇進が決まったときにはBAUのチーム・リーダーを引き継ぎたいと告げる。そんな中、鳴りを潜めていたリンチが探偵を雇って父親を捜していることが判明し、また、ロバータが仮釈放される。ロバータはリンチの実父デルヴィンの家で30年ぶりの再会を果たす。息子が殺人鬼に育ってしまったことを知ったデルヴィンは、悔いるどころかせせら笑い…。

  • 第10話 (最終話) そして最後に…

    自宅で倒れたリードは、気が付くとギデオン、ホッチ、モーガン、エルのいたBAUにたたずんでいた。次の瞬間ストラウスが現われ、リードが生死の境をさまよっていることを告げる。一方、引退を考えていたロッシは爆発事故の死者にリンチ本人がいなかったことを知ると、すぐにクリスタルの警護を手配。しかし、リンチはFBIの護衛になりすましてロッシ宅に入り込み、クリスタルを人質に国外逃亡用の飛行機を要求し…。

作品詳細

前シーズンの最後、ロッシは恋人のクリスタルと結婚したが、彼は女性の顔の皮を剥ぐ連続殺人犯リンチに負けたことが気掛かりだった…。そして、ワシントンDC近郊のメリーランド州ボルティモアで、胴体の皮を剥がされた身元不明男性の遺体が見つかる事件が発生。ロッシはリンチの犯行だと主張するが、異常なほど固執するロッシに、BAUの面々は決して同意できない。そんな中、リンチの娘で収監中のグレイスが司法取引を申し出て、ロッシとの面会を希望する…。

スタッフ

[製作総指揮]マーク・ゴードン/エリカ・メッサー
(C)ABC Studios and CBS Studios, Inc.